久我山散人

kugayama05.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 07月 26日

夢千夜一夜【第387夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第387夜】

夜になって、ゆらゆら歩いてみたのだ。道の向こうで、女性が腕を上下に動かし、次に手をトントンと叩いて、それを繰り返している。呼んでいるのだろうか。それで気がついたののだが、若い娘にとって私は無害な男なのだろうか、つまり襲ってこないということが前提の。少し脅かすために、足を踏みならしてみようか?、いずれにせよそれは新しい経験だった。

e0022344_19104828.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-26 19:09 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 25日

夢千夜一夜【第386夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第386夜】

薄いレースのカーテンが、暗い室内に吸いこまれて、むらむらと裾を乱している。夏の真昼だ。

e0022344_10464493.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-25 10:45 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 24日

夢千夜一夜【第385夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第385夜】

明日は家戻って来いと彼女が言っている。そう言うあなたは誰?、鍋の電熱は昔から切断されているし、食べるものがないではないか。グリル北白川ももう遅くて閉店だ。

e0022344_14105271.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-24 06:14 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 23日

夢千夜一夜【第384夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第384夜】

ひょうたん島模型というのが展示してある。盗賊の島だ。賊は、首魁一人に、参謀格一人。子分二人。雑色三人。七人でひと団だ。首魁の系列に、子分一人、雑色二人が就く。参謀格の系列に子分二人、雑色一人が就くらしい。

e0022344_14025897.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-23 06:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 22日

夢千夜一夜【第383夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第383夜】

五色弁当、予約しておきましたよ、と言うので、五色とは何だろうと思った。売店へ行ってコード番号を言って、受け取って下さいと言うので行ったら、今日は曇りなので、弁当が引きこもりになってしまいまして、ちょっと無理なんです、ということだった。

e0022344_13561864.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-22 06:00 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 21日

夢千夜一夜【第382夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第382夜】

大きな部屋で夜、一人寝ていると、黒い鳥が自分の生まれた山の方へ、一直線に飛んでいった。

e0022344_13514962.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-21 06:11 | Trackback | Comments(6)
2017年 07月 20日

夢千夜一夜【第381夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第381夜】

寝るときの姿勢で夢の内容が変わるんです。上半身を少し起こして寝ると、幻想的な夢見ますから。平らに寝ると、悪夢を見るんです。病院で患者をみんな寝かせているでしょう、あれはよくないんですよ。できるだけ立って状態で寝ると、希望が湧くのです。そうそう、キリンのようにね。

e0022344_13464142.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-20 06:01 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 19日

夢千夜一夜【第380夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第380夜】

何かのゲームなのだろうか。五、六人が次々と走ってきて、あるポイントになると紙に何かを書き込み、そこからまた猛ダッシュで走っていった。係員はその紙を箱の中に集め、同じように猛ダッシュで走っていった。

e0022344_13434391.jpg




# by kugayama2005 | 2017-07-19 18:15 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 18日

夢千夜一夜【第379夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第379夜】

サラリーマンが退職後、もしくは休職中に、労基署のカットアンドペースト窓口に行って手続きをすると給与の12ヶ月分をもらえるそうです。それはすごいですね、さっそく頂いで旅に出よう。

e0022344_20395584.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-18 05:35 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 17日

夢千夜一夜【第378夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第378夜】

死んだ父が、アリオトの実を食べると健康にいいよというので、アリオトの実をさがしてみたが、ない。庭に松林のある大きな家に住んでいる人が、アオリトを栽培しているらしい。あれ、あの松林は家から見えましたね父さん。一本だけが我が家の赤松でした。松林左側の一本ですよ。

e0022344_12492844.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-17 12:46 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 17日

夢千夜一夜【第377夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第377夜】

釣り銭という名目で小銭をたくさん預かった。しかし、地面に落としてしまい、油ぎって汚れてしまった。ゲームが終わったので小銭を回収するものが来て、小銭を回収するという。とりあえず自分の財布からお金を渡す。よく考えてみると回収すべきお金と経費はまた会計が別の日ではないかと、後で気になって仕方がない。

e0022344_12361867.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-17 12:34 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 17日

夢千夜一夜【第376夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第376夜】

横浜近くのどこかの、長い長い坂。下から人がいっぱい登ってくる。通勤通学の人たちだ。逆に下ろうとしているが、何しろ150メートルくらいの長い坂なので、階段では面倒だ。何か滑り降りる装置はないものかと探す。

e0022344_20570477.jpg




# by kugayama2005 | 2017-07-17 09:57 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 16日

夢千夜一夜【第375夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第375夜】

ゴルフ場の森の奥に秘密が隠されている。誰かが持ち物を隠しているのだ。その誰かを知っているが、知らないふりをする。どうせ大したものではないと思う。

e0022344_20544425.jpg



# by kugayama2005 | 2017-07-16 16:47 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 15日

夢千夜一夜【第374夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第374夜】

記者クラブの丁稚になった。何か偉そうな牢名主のような共同通信の記者が、さらに偉そうに喋っている。末は論説委員か。内容を聞いてみるとさっぱりわからない。

朝からいろいろ資料を集める。資料を集め、所属記者の数だけコピーして配るのが日課の仕事だ。しかし、その原本がどこかに行ってしまった。探そうとしても、次々雑な仕事が入ってきて探せない。

テレビ局の記者が、間抜け面して、後白河クラブに行ってきます、と言って出て行った。夜の九時だ。テレビ局のスキー担当の記者たちが、記者クラブに着いた。寝ていたので寝たまま挨拶すると、不愉快そうな顔をする。生意気だ。

他の政治部などであれば、立ち上がるだろうと言う顔をしている。申し訳ないがお前らのために、おれが存在するわけではない。しかし、なぜ記者クラブの丁稚になったのだろうか?、人生は辛いものだ。

政治家のブリーフィングが始まるらしいので、とりあえず傍聴しておこうと、緑系のペンキで塗られたいろいろな部屋に幾つか行ったが、その政治家の声は聞こえるけど誰もいない。

今日は初日だけれども、この仕事をまだやるのか?、今日でやめれば一日だけ勤めた変な奴ということで、どういうことになるのだろう?

そこに、顔見知りの官僚が来て、あれ何やってるの、と言うので、お話の入れ子、マトリョーシカとかなと言っておいた。

e0022344_11191916.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-15 11:16 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 14日

夢千夜一夜【第373夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第373夜】

渡り鳥といっしょにいる猫を探して、遠くまで来てしまった。海嘯に突き出したポトスだ。輝くライトブルーの波と、白い泡立ちの波頭とが一気にやってくる、満潮だ。しかし、持ち物のボルトナットが入ったポシェットを流された。追いかけたが、フェンスに当たらず、海にさらわれた。このままでは、海に呑み込まれて溺死だ。対岸に泳いでいこうと思う。せいぜい二、三十メートルだ。しかし泳ぐのは面倒だ。下の道を行こうと思ったら下の道は乾いている、不思議だ。

e0022344_10424151.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-14 10:41 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 13日

夢千夜一夜【第372夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第372夜】

雪原の狐を撮ろうと、カメラ持って出かける。向こうから、親子連れが雪の中を歩いてくる。父親と子どもたち、姉妹だ。末娘のほうが、パリのロシア人と申します、実は一緒に箱根に行って二人でお布団に入りましょう、と言ってくる。そして温泉会館の廊下で踊っている。姉も氷の路面で踊っている。お兄さん、恋をして今夜箱根に二人でいきましょう、決断しましょう、と言っている。世間に聞かれたらまずいので、話題をそらそうとしても、お世話好きなナターシャは箱根の温泉付きリゾートについていろいろ質問してくる。

e0022344_10272985.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-13 10:26 | Trackback | Comments(4)
2017年 07月 12日

夢千夜一夜【第371夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第371夜】

アップルの関連会社の、何かゲームのようなものがあって、ガラス板の向こうにバーコードが走っている。どうやらその情報を読み取って、解読すればいいらしい。iPhoneを動かしながらコードを撮影してみた。うまく読み取ると何か景品が貰えるらしい。そうしているうちに、ダチョウの玉子をもらったが、それは卵黄色、半透明のもので、これはなんですかと聞くと、石鹸ですと言う。大きな石鹸もらっていったいどうしたら良いのだろうか。見た目は綺麗だ。

e0022344_19351428.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-12 19:33 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 11日

夢千夜一夜【第370夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第370夜】

住所不定、岸エロイコです、という変な自己紹介で女性がやってきた。 これは独立戦争の時代に私の父、ドクターエロイコが残した新しい名前と肩書を書くためのラミネート板です、おひとついかがですか、と言っている。黒い瞳がぴかぴか光っていて、キャミソールの胸元に乳がせせり出している。

e0022344_10095004.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-11 05:07 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 10日

夢千夜一夜【第369夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第369夜】

住所不定、岸エロイコです、という変な自己紹介で女性がやってきた。 あなたの名前であなたのベストセラーを生みだす出版社です、あのエウレカ博士も顧客です、と言っている。


e0022344_09570614.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-10 19:21 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 10日

夢千夜一夜【第368夜】 iPon

【第368夜】

バナナ屋の店頭に、たくさんのバナナが積まれている。誰かが、一句できました、バナナ売り夢遠のいてかぶとむし、と言ったのでみな笑った。

e0022344_01563857.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-10 19:18 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 10日

夢千夜一夜【第367夜】 iPon

【第367夜】

屯倉の位置を地図に落とし、さらに古代の大和政権の政争をそこにまた書いてみましょう。誰もやる人がいないので、いろいろ試みていた女性が、お腹が空いてじゃがいもの茹でたのを食べたりしている。女性は疲れて、机に突っ伏して寝てしまった。ボチボチやれるとこまでやってみようとつぶやいていたのに、もう寝ちゃったみたい、と思っていたらヤニワニ起き出して元気よく歩いて行ってしまった。

e0022344_01491651.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-10 00:11 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 10日

夢千夜一夜【第366夜】 iPon

【第366夜】

律令制度を考えて実行した人はスゴイよね。やっぱり北方や西域から来た人たちかね。なに、国軍ができねば私軍が、刑法ができねば私刑が、警察がなければ私警察ができると言う意味でそれは崩壊してさ、などと言っているやつの声がうるさい。

e0022344_01113158.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-10 00:01 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 09日

夢千夜一夜【第365夜】 iPon

【第365夜】

ブログのID毎に、床にコネクターが差し込まれており、それを引き抜いてみると、最近仕様が新しくなったようで、蛍光色に輝いている。自分のIDのものを調べると、配線がややずれていて、これは良くない、直してもらおうと思う。

e0022344_00561953.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-09 00:49 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 08日

夢千夜一夜【第364夜】 iPon

【第364夜】

犬と猫が、人間が寝ている時に頸動脈に嚙みつけば殺人が可能かもしれないと気づいた時、あるいは誰ぞが教唆したとき、どうなるのだろう。犬や猫も、ニンゲンを憎む時があるだろうに。

e0022344_00441786.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-08 00:39 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 07日

夢千夜一夜【第363夜】 iPon

【第363夜】

力持ちの虫、というのがいて、1センチくらいの虫だ。床の上をずんずん歩いていたかと思うと、途中に置いてあった30センチ四方以上ある大きさのコンクリート板、サイドに金属の掴み手があるのだが、そこに食いついて、板をひっくり返してしまった。何とか捕まえようとしたが、捕まえるための道具がないので難しい。虫は迷惑顔をしている。

e0022344_00271964.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-07 23:58 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 06日

夢千夜一夜【第362夜】 iPon

【第362夜】

学生らしいストリートミュージシャンか何かが、言っている。あるいは歌っている。民主主義はファシズムの温床だと言うけれど酒はアルコール中毒の種籾でしょうか?、などと。深夜、その街から出るには、干上がったを通らなければいけない。見ると河原の丸い石が、ぼこぼこと連なっている。

e0022344_11505114.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-06 11:48 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 05日

夢千夜一夜【第361夜】 iPon

【第361夜】

海の底をのぞくとヤガラがいる。いちいち魚が逆らってくる。ヤガラは食べて美味しいのか?

e0022344_21114261.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-05 21:10 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 04日

夢千夜一夜【第360夜】 iPon

【第360夜】

細い糸が、海の風に紡がれて、海の波に紡がれて、何か見知らぬ織物になっていく。

e0022344_11150104.jpg



# by kugayama2005 | 2017-07-04 11:13 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 03日

夢千夜一夜【第359夜】 iPon


【第359夜】

鳥かごのマトリョーシカ。鳥を飼う女が、鳥かごに監禁されている。だが女は鳥かごのマトリョーシカを作り続け、果てしない自己防衛戦に臨む建礼門院。

e0022344_11384969.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-03 11:36 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 03日

夢千夜一夜【第358夜】 iPon

【第358夜】

スクープ写真があればなどと、夜11時で締め切りだと掲示板に書くが、どうやら電磁的に変換されてしまってうまく表示されない。まあどうでもいいか。

e0022344_18304760.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-03 00:09 | Trackback | Comments(0)