久我山散人

kugayama05.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 18日

夢千夜一夜【第414夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第414夜】

講演中の教室、いつの間にか恩師が最後部の席にぽつんと座っている。抑えた罵声が聞こえる。学会ではやはり評判が悪いようだ。私は最後部まで下がり、やや離れた席にそっと座る。

e0022344_10243267.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-18 10:23 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 17日

夢千夜一夜【第413夜】 iPon

【第413夜】

肖像画の顔面から毒素のチムニーだ。深海底の熱水噴出孔だ。見ているとそれは、みる見る治癒していく。

e0022344_00212646.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-17 00:20 | Trackback | Comments(3)
2017年 08月 16日

夢千夜一夜【第412夜】 iPon

【第412夜】

家で将棋をしていると、青白い龍の玉が出現して盤面に火の粉を散らす。相手の駒を突出して勝つ。

e0022344_00143119.jpg




# by kugayama2005 | 2017-08-16 23:49 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 15日

夢千夜一夜【第411夜】 iPon

【第411夜】

料理人の正装は、実はフルートか麦ぶえを胸の奥に刺して持っているのです、という説明があったので見てみると確かに笛があった。

e0022344_18321942.jpg



# by kugayama2005 | 2017-08-15 04:51 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 14日

夢千夜一夜【第410夜】 iPon

【第410夜】

できるだけゆっくりビール飲むという競争にならない競争に参加してしまいそうになるが、逃れた。その隣では、アイガー北壁の出席とりというゲームをやっている。どうやらアイガー北壁に、出席しますと言ってもらえると勝ちらしい。見ると、確かに雪をかむったアイガー北壁がそそり立っている。

e0022344_15164063.jpg



# by kugayama2005 | 2017-08-14 00:15 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 13日

夢千夜一夜【第409夜】 iPon

【第409夜】

今日は大阪に来て電力9社の顧客囲い込みと、新しいキャンペーンを分析してみました。分析しましたと言うより9電力のキャンペーンを比較してみたんです。

発送電分離と、つまり漁師が魚屋をやるとは限らんということで、黒部の太陽はコンシューマーとは切り離されちゃうんで。

だから新興電力会社は、ひとつのカルチャーというか、パステル調の感触で広報している。しかし囲い込みを目指す9電力のほうは、黒部の太陽の方がふさわしいですね。

パステル調というかポストデビットハミルトンと言いましょうかね。要するにトライエックスと対極に位置するものです。トライエックスを一巻買って切断して使っていた世代の人には、わからないかもしれません。化石とは、トライエックスパンをパトローネにいちいち巻き分けていたあんたのことですよ。

e0022344_15070014.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-13 00:01 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 12日

夢千夜一夜【第408夜】 iPon

【第408夜】

浅い川を飛び越え、丘陵地帯に登った。丘の下に日本家屋の屋根が見えるので、そこに飛び降りた。鉄塔をつたって降りると、チラリと小田急線が見えたので、ちょっと方向的に間違っていることがわかった。

高い波フェンスで囲まれたゴミ処理場の横をすり抜けていくと、係員がひとりついてきている。見ると、ダルビッシュだ。

ここはこの施設ができてとても歩きにくくなった、以前は広い野原だったと言うと、彼は、私もそう思いますが今はここの社員なので、と言う。

e0022344_15031115.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-12 00:02 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 11日

夢千夜一夜【第407夜】 iPon

【第407夜】

雨の日、露天の老婆から買うつもりで舟形土器を預かった。歩いていくと、柱にベージュ色の塗装をしている外国人労働者が何人もいる。

歴史的建造物にはふさわしくない色だ。既に分厚く塗ってしまっている。ふざけているのかもしれないが、単なる下塗りかもしれない。

舟形土器をそこに置きっぱなしにして、走って帰ることにする。これは偽物だから騙されちゃいけませんよという声がする。

e0022344_15002617.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-11 00:02 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 10日

夢千夜一夜【第406夜】 iPon

【第406夜】

舟形土器が、インターネットで売られている。150円だ。買おうかどうか考えているうちに、それは模造品だという言うだれかの書き込みがあって、そのオークションは途中でキャンセルされてしまった。

雨の日、老婆が露店でまさにその商品を含む焼き物を売っている。買うかどうか考えながら通り過ぎ、また帰りに見ると、ほとんどの品は売れてしまっていたが、その舟形土器はまだ残っていたので、買うことにする。

値段の交渉にはなかなかならず、誰かがこれはあまり良い評判がないねえなどと言っている。私も、先日インターネットで150円まで値がついたのを見ているけどね、などととぼけてみる。

値段を決めずに一応その品物を預かって、歩いていくと、柱にベージュ色の塗装をしている外国人労働者が何人かいる。

e0022344_14575005.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-10 00:01 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 09日

夢千夜一夜【第405夜】 iPon

【第405夜】

夜の庭に、白瓜の実がいくつか落ちている。ちょうど月光がななめに射していて、そこの実はさらに青白い。

e0022344_14513136.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-09 00:06 | Trackback | Comments(8)
2017年 08月 08日

夢千夜一夜【第404夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第404夜】

支払いにたくさん10円玉があったはずだと探すが、ない。ポケットからいろいろ小銭を取り出すが、外国のお金か記念コインばかりだ。細いガラス器を真空にして、ぴかぴか光るコインを保管しているのが見えるが、明治4年の一円金貨だ。おつりはくれるだろうか?

e0022344_15581771.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-08 00:03 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 07日

夢千夜一夜【第403夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第403夜】

いつも散歩する小川ぞいの道に行ってみると、台風で崩壊している。半ばえぐれた道のまんなかに、金色の蛇がくるりととぐろを巻いて、川のほうを見ている。

e0022344_15411842.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-07 00:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 06日

夢千夜一夜【第402夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第402夜】

夜の闘犬だ。美しい紡錘形の白い美犬を、ほっそりした女が連れている。それが敵だが、あまりの美しさに惚れ惚れする。

e0022344_14401886.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-06 14:35 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 05日

夢千夜一夜【第401夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第401夜】

父が釣りをしている。しばらく経って天頂が赤、胴が赤白のしましまの浮子がぐっと水中に引き込まれているので、ウキ、ウキと言って、見ると父は水底にくず折れるように横たわっていた。すでに息はないようだが、引き上げるには腕を引き寄せるのか、それとも、しかし、これは現実の父ではない。父のような形象だろうと思う。

e0022344_10173155.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-05 10:16 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 04日

夢千夜一夜【第400夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第400夜】

芸術家ふうのひとが、つまり彼女はカラダと言うものを全て過ぎ去ったカラダと言うものを全て抜き去ったひとつのカラダと言うものを全て抜きさる女、などと言っている。深夜の酒場で何を開陳しようとしているのかはわからないが、女体好きだということはわかった。

e0022344_20500835.jpg



# by kugayama2005 | 2017-08-04 04:49 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 03日

夢千夜一夜【第399夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第399夜】

京都に新しくできた地下鉄の「三条百鬼夜行」駅ホームに、彼女がひとりぽつねんと立ってこちらを見ている。なぜそのとき、彼女を連れてどっかに行ってしまわなかったのかと、今でも思い浮かべる。

e0022344_20402713.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-03 18:07 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 03日

夢千夜一夜【第398夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第398夜】

ドキュメンタリー東京裁判のなかに、私の母が帝国ホテルの部屋に監禁されて、米側から聴取された内容が出てくる。聞かれた事は、戦争末期の米軍上陸時のための軍事訓練のことだ。母は、ひとりでも多くの米兵を殺すことができれば良いと訓練していたが、本物の槍ならともかくとして竹槍での戦闘準備であり、しかもその竹槍さえ最後まで手にすることはなかったと言っていた。戦争は終わっているのだから思ってそこまで詳しく話さないで、本土決戦は無駄なことだったとだけ言えば良いのではないか、と内心はらはらしたが、次の証言時には、ただ無駄なことだったと表現を変えていたので安心した。

e0022344_20271584.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-03 00:04 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 02日

夢千夜一夜【第397夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第397夜】

東京裁判のドキュメンタリーを制作したが、その中に出てくる年号が一部間違っていると言うクレームが政治家側からついた。年号は画面に挿入されているのではなく、木材できれいに作られた数字を机の上にいくつかのせている。そのうちのひとつが全く関係ない年号だと言うのだ。確かにその年号は、画面の証言の内容とは食い違っている。画面に挿入された数字ではなく、実写の部分なので、すぐには直すことができない。

e0022344_20110981.jpg



# by kugayama2005 | 2017-08-02 20:08 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 01日

夢千夜一夜【第396夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第396夜】

帰り道、急いで走る。重い靴が、岩山登りの靴のようで路面に食い込む。力強く走る女性に追い抜かれる。短距離選手のような美しい体躯だ。感心して見送る。

e0022344_15592347.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-01 18:27 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 01日

夢千夜一夜【第395夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第395夜】

山あいにいくつか大きな家があって、敷地がみな三段になっている。一番上の敷地は庭で、庭いっぱいの大きな蓮池になっている。真ん中の段に家がゆったり建っており、その下に門と樹林のアプローチがある。訪問した者は、門から入ると木々の間をゆるゆる旋回して母屋に行き着く。その上に大きな蓮池があることには気づかない。夜など蛙が鳴いているのだが。

e0022344_15570736.jpg


# by kugayama2005 | 2017-08-01 00:33 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 31日

夢千夜一夜【第394夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第394夜】

京都に借りている部屋に、写真用の暗幕など自分のものをいっぱい放置してある。しかし、もう使うこともないようだ。水槽が傾いて置いてあるので、窓際に運んで、睡蓮でも植えてみようか。

e0022344_15544533.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-31 18:06 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 30日

夢千夜一夜【第393夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第393夜】

透明なビニールチューブから水が吹き出してきて、器で受けようとするが、器が小さすぎてあふれる。壁の隙間から外に流そうとするが、おそらくそうすると階下が水浸しになってしまうだろう。窓の外に放水すべきだろうが、そうすれば皆が気づいて面倒なことになる。これではまるで、陽水シャーマニズムに付け入るスキを与えているようなものではないか。

e0022344_21592159.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-30 03:57 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 29日

夢千夜一夜【第392夜】 iPon

【第392夜】

今日ここで有名な人と待ち合わせていますのよ、と女性が言うので、そうですかそれでしたら私がその相手を見つけてさしあげましょうと言うと、その女性は、いろいろ出入り口があるし小部屋も多くって、迷路のようなのよ、と困ったげに言う。ひとつの明るい小部屋を覗くと、紳士淑女がご馳走とワインを囲んでいる。ちらりとワインのラベルを視野にしつつ、くだんの女性に、お待ちの方がいらっしゃるまで空いた部屋で待ちましょうねと、彼女の腕を引き寄せてみるとかわいい人妻だ。

e0022344_19345268.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-29 22:13 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 29日

夢千夜一夜【第391夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第391夜】

最近の秋葉原に行ってみた。メイド喫茶はもうなくなったようだが、原発の部品がたくさん積んであった。蒸気タービンの製作キットは100分の1スケールだ。自宅に地下に密かに原発をつくっているやつもいるらしい。

e0022344_12574784.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-29 00:07 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 29日

夢千夜一夜【第390夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第390夜】

とても高い電波塔の最上段にいる。最上階というより、鉄塔にしがみついているわけだ。そこからゆっくり、錆びてあやうい足場を伝い、降りていく。電波が?、そうとう唸るので怖い。何食わぬ顔で下まで降りるが、脚がむずむずしてかゆいようだ。

e0022344_12475773.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-29 00:02 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 28日

夢千夜一夜【第389夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第389夜】

大きな三角形の小山のような大波が、海に立っている。美しい光る半透明の青だ。海原の真ん中にいる。波の先端のなかには、いつ崩れ出してもおかしくないほどに、白い気泡がこまかく乱舞している。

e0022344_12352541.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-28 12:23 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 27日

夢千夜一夜【第388夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第388夜】

京都の料理屋の3階から下を見ていると、お大尽が、それでは皆さまにお菓子をご馳走いたしましょうとおっしゃって、四角い黄金色の蜜の中から、いろいろな具の詰まっているのを取り出して、一つ一つ分けてくれている。何やら小茶屋屋根とかいう名で、春天神お茶壺洛中と書いてある。何か一言褒めないといけないのだろうと思うが、こちゃややねというのが言いにくくて困る。

e0022344_12330946.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-27 23:17 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 26日

夢千夜一夜【第387夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第387夜】

夜になって、ゆらゆら歩いてみたのだ。道の向こうで、女性が腕を上下に動かし、次に手をトントンと叩いて、それを繰り返している。呼んでいるのだろうか。それで気がついたののだが、若い娘にとって私は無害な男なのだろうか、つまり襲ってこないということが前提の。少し脅かすために、足を踏みならしてみようか?、いずれにせよそれは新しい経験だった。

e0022344_19104828.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-26 19:09 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 25日

夢千夜一夜【第386夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第386夜】

薄いレースのカーテンが、暗い室内に吸いこまれて、むらむらと裾を乱している。夏の真昼だ。

e0022344_10464493.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-25 10:45 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 24日

夢千夜一夜【第385夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第385夜】

明日は家戻って来いと彼女が言っている。そう言うあなたは誰?、鍋の電熱は昔から切断されているし、食べるものがないではないか。グリル北白川ももう遅くて閉店だ。

e0022344_14105271.jpg


# by kugayama2005 | 2017-07-24 06:14 | Trackback | Comments(0)