2017年 03月 03日

夢千夜一夜【第138夜】 iPon

【第138夜】

偶然、ポルノ小説作家の私小説まがいで、
彼自身のばらばらになった家族のかなしみを知った。
しかしそれはもっと貴重ななにかの、
因業を隠す
女体好きの弱弱しいプロのあざとい謎かけだろうと思い、
とっさにその本を床に投げつけた。

この男のうそに弱さがある。
理由を求める弱さには、モダーンな異臭がする。
できることなら次の燃えるゴミの日に出したい。

しかしこれは。
世界の裳裾(スカートの先端)を手でつかんでいるやつのにおいなんだ、
そう思って半ばする畏敬と憎悪が、
砂地の上げ潮のように満ちてきた。

e0022344_09420683.jpg


by kugayama2005 | 2017-03-03 19:19 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kugayama05.exblog.jp/tb/25485005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2017-03-03 20:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kugayama2005 at 2017-03-03 20:46
次の写真はウリ坊そのものの予定です、期待してください。
Commented by kugayama2005 at 2017-03-04 12:50
動物園にうり坊がいたら写真を撮りたいと思ってもいますが、そんな動物園はないようです。
Commented at 2017-03-04 15:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kugayama2005 at 2017-03-04 21:13
どこぞの道の駅にウリ坊いるらしい。
Commented by kugayama2005 at 2017-03-04 21:15
ウリ坊も育つとイノシシだからかわいくないそうだ。


<< 夢千夜一夜【第139夜】 iPon      夢千夜一夜【第137夜】 iPon >>