2017年 03月 04日

夢千夜一夜【第140夜】 iPon

【第140夜】

気持ちのいい山荘のような部屋に
寝転んでいる。

持ち主が、
いつでも使っていいですよ、と言う。

実は一回ここから出勤しており、
職場まではタクシーで行ける。

しかしインターネット環境がないので
原稿内容のチェックが難しい。

誰々さんに書いてもらおうなどと
思いつきを計画するやつがいて、
迷惑だ。

それでは偏った編集になってしまう。
18時入稿ということで何とかなりそうだが、
内容に問題がありそうで、その場合はボツにする。
しかし、内容はどうでも良いという
浅薄な意見が出ていて腹がたつ。

仕事は明朝でもいいと思うが、
そいつらの意見を抑えるためには
今夜中に結論を出すべきだろう。

なぜか母がいて、
わたしがやっておくからもうお帰りなさい、
と言う。

e0022344_22021500.jpg


by kugayama2005 | 2017-03-04 23:59 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kugayama05.exblog.jp/tb/25511185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 夢千夜一夜【第141夜】 iPon      夢千夜一夜【第139夜】 iPon >>