久我山散人

kugayama05.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 31日

夢千夜一夜【第435夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第435夜】

夏なのに雪山に来て、左側が千メートルはある絶壁、右側も深いクレバスだ。雪庇の上を渡って進む以外に方法がなく、踏んでいい場所は、幅30センチしかない。

e0022344_20161937.jpg


by kugayama2005 | 2017-08-31 12:00 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://kugayama05.exblog.jp/tb/26014720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2017-08-31 18:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kugayama2005 at 2017-09-01 12:10
ピコ次郎はん、おらアフリカ大陸のアルチュールランボーだっての知ってたか?
Commented at 2017-09-02 04:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kugayama2005 at 2017-09-03 14:24
ピコ次郎はん、ランボーの詩には全く関心がないのだが、手紙は心ゆさぶる。アフリカから搬送されマルセイユの病院で片脚切断したランボーは、アフリカに戻りたくて手紙を書く(妹による口述筆記)。「象牙が一本、象牙が二本、象牙が三本。おでは不具だ。アフリカ行きの船賃は幾ら?」


<< 夢千夜一夜【第436夜】 ライ...      夢千夜一夜【第434夜】 ライ... >>