2006年 09月 24日

メリンダ・キンナマン(マイ ライフ アズ ア ドッグのサガ)《夜ごとの美少女(1)》

ボクの美少女篇は鰐淵晴子ヘイリー・ミルズで終わるのではない。終わりそうではあるが・・・時々追加をしておきたい。映画「マイ ライフ アズ ア ドッグ」については紅蓮さんのブログに先を越されてしまったが、メリンダ・キンナマン(Melinda Kinnaman)についてはボクが書くことにする。

主人公のイングマールは、お母さんが病気の自宅を追い出されて、グンネル叔父さんの家に住まう。そこのサッカーチームにいたのがサガ(メリンダ・キンナマン)である。サガはサッカーチームに入るため男の子に化けているが、実は女の子。サッカーも上手だが、ボクシングも強い。


e0022344_04153.jpg


サガは、サッカーの試合(スウェーデン対西ドイツ)をボクの家のラジオで聞こうよ、とイングマールを誘う。

e0022344_053541.jpg


実は胸が出てきてしまったので、女の子だとばれてサッカーチームから追放されるのでは、とサガは悩んでいるのだった。

e0022344_063170.jpg


イングマールは胸をしばって目立たないようにする方法を提案する。

e0022344_072738.jpg


これで良いのか不安げなサガ。

e0022344_08362.jpg


しかしすぐ元気にボクシングの練習を始めるサガ。映画の中で、少年少女たちがボクシングごっこに熱中するのだけれど、「ヨハンソン対パターソン!」などと言ってやっている。これなんかボクらに当てはめると「若の花対栃錦」とか「大鵬対柏戸」などと言って相撲をとっていたのと同じだね。なお映画中、イングマールがボクシングをする時、「イングマール・ヨハンソン!」と呼ばれるとみんなどっと笑うのは、ヨハンソンと同じイングマールという名前なのに弱そうだからであろう。

e0022344_091721.jpg


サガはだんだんイングマールのことを好きになってくる。音楽の授業中、他の女の子からイングマールが手紙をもらうのを見て呆然としてしまう。・・・スウェーデンでもブロックフレーテなんだね。

e0022344_0103648.jpg


イングマールを誘った女の子の部屋にずかずか侵入し、大げんかとなる。

e0022344_0112580.jpg


男の子に化けるのを諦めたサガ。映画の最後にあっさり女の子となって登場する。この時も、試合をラジオで聞こう、とイングマールを誘う。試合とは、ヨハンソン対パターソン、唯一スウェーデン人が世界ヘビー級王座を奪取したタイトルマッチ(1959年6月26日)。この日、スウェーデン人すべてがラジオにしがみついていたのである。

e0022344_0123539.jpg


ヨハンソン勝利(3回KO勝ち)に沸くラジオ放送が続く中、サガとイングマールは寄り添ってソファーで眠っている。きっと二人にとって忘れがたい時間となったのだろう。机の上にあるのは空のコカコーラの瓶と、一口かじったリンゴである。・・・状況からして、この二人は、ラジオでボクシングの試合の結果を聞く前に寝入ってしまったことになるのだが・・・。

e0022344_0171986.jpg


おまけ。イングマールの実家の方でのガールフレンド=蛙ちゃん(ヨハンナ・ウデーン)。おませでカワイイ。なお、題名の割には愛犬シッカンの印象が薄いのがちょっと気がかりではある。

e0022344_014760.jpg


by kugayama2005 | 2006-09-24 00:03 | ■映画の楽しみ | Trackback(1) | Comments(3)
トラックバックURL : http://kugayama05.exblog.jp/tb/4200241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ▼ 紅蓮のポケット ▲ at 2006-09-27 07:21
タイトル : マイライフ・アズ・ア・ドッグ
いつかこのBlogでも書いたことのある沢木耕太郎さんの映画評「世界は使われなかった人生であふれている」 その本を読んだ時から、ぜひ見たいと思っていた映画「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」 やっと見た。すごくよかった。12歳の主人公、イングマル少年のお母さんは重い病気だし、お兄ちゃんはいじわる。だけど、犬のシッカンがいれば幸せという男の子。 お母さんの病気にさわるために、叔父さんのもとに預けられるイングマルの夏から冬へ、また夏へと季節が移ろっていく間の日常が、スウェーデンの自然を舞台に、淡々と切々と描...... more
Commented by lunasmile at 2006-09-24 10:30
印象が薄い愛犬シッカンについては、ボクの1年ほど前(2005年 07月 10日)のブログ「ワンこムービー・グラフィティ(2)」をご覧いただければ全体のストーリーが把握できます。
それにしても《夜ごとの美少女》、ボクから奪っちゃうわけー・・・。
Commented by kugayama2005 at 2006-09-24 15:51
そんな~とったりしないよ。もらっただけ。
Commented by kugayama2005 at 2006-09-24 21:49
>ルナスマイル君に告ぐ! 要するにあの映画をキミはお犬に注目して見た。 紅蓮さんは彼女の好きなリンドグレーン女史の「やかまし村」の映画監督であることと、加えて彼女の好きな沢木耕太郎の映画評に感化され見ているらしい。

ボクはメリンダ・キンナマンの美少女ぶりを見た。したがって、みんなすれ違っているわけだ。だから、それはそれでみんなすれ違いで良いんじゃないかな?


<< ソニア・ローザ「ア ボッサ ロ...      松尾和子「夜のためいき」(秋は... >>