久我山散人

kugayama05.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 06月 12日 ( 3 )


2017年 06月 12日

夢千夜一夜【第327夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第327夜】

そういいえば、秋田県に新しい広い別荘を建てると、そこの自治体で図書館を作ってくれるということになっているそうだ。それよりも小樽の駅弁食いたいなあ。いや、それよりも、北海道を旧徳川幕府とアイヌの共和国にできなかったのか?、とか。まあ、ロシアに対抗するだけのプレゼンスはないなあ、榎本くん。

e0022344_10004817.jpg



by kugayama2005 | 2017-06-12 09:57 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 12日

夢千夜一夜【第326夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第326夜】

年度末だとかで、締切時間をかかえて、これは官報掲載か?、などとひそひそ話し合っている声がする。見ると、古い紫色のシュラーフが、くるくると巻かれて置いてある。これは艱難辛苦を共にしたものだ、だいじにとっておかねば。もしかして、失われた風景にいつまでもとらわれているのだろうか。

e0022344_09441795.jpg


by kugayama2005 | 2017-06-12 09:42 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 12日

夢千夜一夜【第325夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第325夜】

長い長い、予算折衝も終わった頃だった、数人の人たちが部屋に残って疲れ果てている。テレビでは誰かが忖度の話をニュースとして話し、映像が流れている。普通の給与所得者が、忖度なしで生きられるのか。そういえば、昨夜もらった食べ物はどこへいったんだろう。サメのようなコチのような、三匹の魚だ。何か生煮えのようで、そうだったから冷蔵庫に入れたんだろうか。とりあえず、いろいろなものを持って引き上げることにした。ホールではまだ数人の人だけが、じっと黙って座っている。敗北か。こんな日がまだまだ続くんでしょうか、いや、もう終わりでしょうと、誰かが言っている。

e0022344_09352730.jpg


by kugayama2005 | 2017-06-12 09:31 | Trackback | Comments(0)