久我山散人

kugayama05.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 07月 ( 43 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 31日

夢千夜一夜【第394夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第394夜】

京都に借りている部屋に、写真用の暗幕など自分のものをいっぱい放置してある。しかし、もう使うこともないようだ。水槽が傾いて置いてあるので、窓際に運んで、睡蓮でも植えてみようか。

e0022344_15544533.jpg


by kugayama2005 | 2017-07-31 18:06 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 30日

夢千夜一夜【第393夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第393夜】

透明なビニールチューブから水が吹き出してきて、器で受けようとするが、器が小さすぎてあふれる。壁の隙間から外に流そうとするが、おそらくそうすると階下が水浸しになってしまうだろう。窓の外に放水すべきだろうが、そうすれば皆が気づいて面倒なことになる。これではまるで、陽水シャーマニズムに付け入るスキを与えているようなものではないか。

e0022344_21592159.jpg


by kugayama2005 | 2017-07-30 03:57 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 29日

夢千夜一夜【第392夜】 iPon

【第392夜】

今日ここで有名な人と待ち合わせていますのよ、と女性が言うので、そうですかそれでしたら私がその相手を見つけてさしあげましょうと言うと、その女性は、いろいろ出入り口があるし小部屋も多くって、迷路のようなのよ、と困ったげに言う。ひとつの明るい小部屋を覗くと、紳士淑女がご馳走とワインを囲んでいる。ちらりとワインのラベルを視野にしつつ、くだんの女性に、お待ちの方がいらっしゃるまで空いた部屋で待ちましょうねと、彼女の腕を引き寄せてみるとかわいい人妻だ。

e0022344_19345268.jpg


by kugayama2005 | 2017-07-29 22:13 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 29日

夢千夜一夜【第391夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第391夜】

最近の秋葉原に行ってみた。メイド喫茶はもうなくなったようだが、原発の部品がたくさん積んであった。蒸気タービンの製作キットは100分の1スケールだ。自宅に地下に密かに原発をつくっているやつもいるらしい。

e0022344_12574784.jpg


by kugayama2005 | 2017-07-29 00:07 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 29日

夢千夜一夜【第390夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第390夜】

とても高い電波塔の最上段にいる。最上階というより、鉄塔にしがみついているわけだ。そこからゆっくり、錆びてあやうい足場を伝い、降りていく。電波が?、そうとう唸るので怖い。何食わぬ顔で下まで降りるが、脚がむずむずしてかゆいようだ。

e0022344_12475773.jpg


by kugayama2005 | 2017-07-29 00:02 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 28日

夢千夜一夜【第389夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第389夜】

大きな三角形の小山のような大波が、海に立っている。美しい光る半透明の青だ。海原の真ん中にいる。波の先端のなかには、いつ崩れ出してもおかしくないほどに、白い気泡がこまかく乱舞している。

e0022344_12352541.jpg


by kugayama2005 | 2017-07-28 12:23 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 27日

夢千夜一夜【第388夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第388夜】

京都の料理屋の3階から下を見ていると、お大尽が、それでは皆さまにお菓子をご馳走いたしましょうとおっしゃって、四角い黄金色の蜜の中から、いろいろな具の詰まっているのを取り出して、一つ一つ分けてくれている。何やら小茶屋屋根とかいう名で、春天神お茶壺洛中と書いてある。何か一言褒めないといけないのだろうと思うが、こちゃややねというのが言いにくくて困る。

e0022344_12330946.jpg


by kugayama2005 | 2017-07-27 23:17 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 26日

夢千夜一夜【第387夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第387夜】

夜になって、ゆらゆら歩いてみたのだ。道の向こうで、女性が腕を上下に動かし、次に手をトントンと叩いて、それを繰り返している。呼んでいるのだろうか。それで気がついたののだが、若い娘にとって私は無害な男なのだろうか、つまり襲ってこないということが前提の。少し脅かすために、足を踏みならしてみようか?、いずれにせよそれは新しい経験だった。

e0022344_19104828.jpg


by kugayama2005 | 2017-07-26 19:09 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 25日

夢千夜一夜【第386夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第386夜】

薄いレースのカーテンが、暗い室内に吸いこまれて、むらむらと裾を乱している。夏の真昼だ。

e0022344_10464493.jpg


by kugayama2005 | 2017-07-25 10:45 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 24日

夢千夜一夜【第385夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第385夜】

明日は家戻って来いと彼女が言っている。そう言うあなたは誰?、鍋の電熱は昔から切断されているし、食べるものがないではないか。グリル北白川ももう遅くて閉店だ。

e0022344_14105271.jpg


by kugayama2005 | 2017-07-24 06:14 | Trackback | Comments(0)