久我山散人

kugayama05.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 05月 16日

夢千夜一夜【第284夜】 iPon

【第284夜】

自衛隊の災害派遣に関して、記者会見のやり方だ。幹部の官僚に細かい質疑応答までやらせるということでいいのだろうか。これがもし防衛出動であれば、どうなるのだろう。そう思って寝込んだところ、小沢一郎さんが脂ぎった顔で、機密の話を寝たふりをして側近と話している。

e0022344_10175324.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-16 00:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 15日

夢千夜一夜【第283夜】 iPon

【第283夜】

どうやら戦国時代のようだ。武将がおのおの戦場に散っていく。野戦か、籠城かなど、みないろいろ心に秘めたものがあるようだ。しかし、おそらく相手が強すぎる。

e0022344_10041288.jpg



# by kugayama2005 | 2017-05-15 08:23 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 14日

夢千夜一夜【第282夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第282夜】

大きな会場の音響を担当することになった、大理石造りのものすごく大きな建物でだ。日本の国会議事堂の二倍ぐらい大きい。言ってみれば、北京の人民大会堂をごく豪奢にしたような会場だ。音響装置を台車に乗せて設設置する。作業が予想よりかなり早く始まってしまって、撤収に手間取る。中国人が来て、このシンセサイザーは2500万円もしたんだから手荒く扱ってもらっては困ると言ってきたが、うるせい、こんなもんは秋葉原で二万円で売ってるぜ、と言う。

e0022344_18502756.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-14 20:49 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 14日

夢千夜一夜【第281夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH


【第281夜】

見ると、その会社の会計帳簿や日計表等がつもり上がっている。確かにこれは、維持、継続が大変なものだ。しかし在庫のない事業だということが、若干の救いかもしれない。社長は、そうそうそうなんだよ、地方の企業で在庫を抱えてしまったのでは、とってもやっていけない、と我が意を得たりの笑顔。

e0022344_18380756.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-14 20:35 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 13日

夢千夜一夜【第280夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第280夜】

1メートル四方のパネルに、オブジェがに二、三十個かけてある。三分の1位が有料で、三分の2は無料だ。有料のものは支払いを、無料のものはほしい人が勝手に取っていく。無料のものを持っていった人は、後日、有料のものも買うだろうという発想だ。だれか見知らぬ女が言っている、ニューヨークでは、ほら、草マーの元愛人がやってらした拾いお乞食みたいな、あれ?

e0022344_18282991.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-13 23:15 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 13日

夢千夜一夜【第279夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第279夜】

病院の職員寮とはいっても瀟洒な建物だった。そこで会った彼女に守られて死ぬとなれば、それは幸せというものだろう。彼女は言った、ご存知?、この地下3階のところに小さな港があって、舟が出るのよ、こんな泥の海から出ていくのはいいことではなくって?、わたしは薬剤師なのよ、名前はフランス人よ、という。おや、こやつ悪薬師が色白の女に化けているな。

e0022344_18142552.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-13 18:13 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 13日

夢千夜一夜【第278夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第278夜】

肌の色が七色に変り、柔らかい生の面のようになるこの症状の病気の美少女に惹かれ、溺れて、すぐさま玉手箱を開ければ死の直前の老軀になるのだろうか。このお家の地下三階の港から、船でいっしょに逃げましょう、と、少女は言う。

e0022344_09412443.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-13 07:07 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 12日

夢千夜一夜【第277夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第277夜】

彼女は見事な花梨の木のテーブルに座って、童女であるのか娘であるのか、結婚に失敗した女であるのか。そのどちらでもあるように座っていた。

e0022344_09321056.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-12 23:30 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 12日

夢千夜一夜【第276夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH


【第276夜】

新聞を読んでいると、家の玄関の引き戸がするすると開いて、玄関から家の門のあたりまで警官と報道陣が詰めかけているのが見える。女性のニュースレポーター二人が可愛い顔をして、私たち揺れたわ、と、声を合わせて原稿を読んでいる。何かの事件なんだろうか。場所を使うならそう言ってほしいものだ。

e0022344_09242207.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-12 23:21 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 12日

夢千夜一夜【第275夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH


【第275夜】

仕事が終わったので、業者の車に便乗して帰ることにした。雪が少々積もっているが、静かな夕べだ。少し食事でもと思って運転手を見ると、ずっと眠っていたようだ。いかに自動運転とはいえ、ずっと寝ていていいものだろうか。

不安になって窓の外を見ると、数人の釣り人が海に向かって竿を出している。人々や、道路に置き竿をしているところのそのギリギリのところを走っているのでとても危ない。

そうしているうち、雪道をふらふら歩いている人をひいてしまった。車にひかれても起き上がっているので、重傷ということではなさそうだが、顔に雪がぴったりと仮面のようにくっついてしまっている。三人巻き込んだようだ。その周りにたくさんの漁師のような風体の男たちが、無表情で立っている。何かの行事が終わった後のもようだ。

さて事件の後始末だが、直接は運転手の問題ではあるにせよ、包括的な責任は免れ得ないだろう。なんとか運転手に全責任をおっかぶせるずるい方法をいろいろ思案する。

e0022344_09081123.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-12 12:05 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 12日

夢千夜一夜【第274夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH


【第274夜】

企画の営業マンがこれから顧客を一周してきますと言っている。タレントさんにも寄ってきます、などと言っている。いやそれは、いきなり行っても話が壊れるだけだ。この話は俳優を映画や舞台に使うということでなくて、単にコマーシャルに出てもらう話だから、根回しがなければ壊れるだけだろう。

e0022344_10024056.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-12 00:52 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 12日

夢千夜一夜【第273夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第273夜】

見知らぬ街に来た。私鉄の駅から屋根付きの庭園が長く伸びている。地方都市には同時に同じようなシステムができるものだ。アホウが、どこかに視察に行って皆同じものを見てくるのだろう。これで路面電車の計画などがあればどこかヨーロッパのトラムを見に行ったのかわかるかというものだ。日本にだって路面電車はある。北は札幌、函館。南は鹿児島、熊本。都電だってどっこい生きてるぜ。

e0022344_09485934.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-12 00:47 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 11日

夢千夜一夜【第272夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第272夜】

私鉄沿線にどうやら新しい競馬場ができたようで、競馬場駅がある。駅前に掲示板があり、今日のレースとして馬名が7頭並んでいる。そして客席は満員と表示してある。一度行ってみたいものだが、1日1レースで、無名のお馬さんたちが走る競馬って、面白いのだろうか?

e0022344_09344132.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-11 23:37 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 11日

夢千夜一夜【第271夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第271夜】

一昨日、岐阜のどこやらでカワウソにホトトギスが托卵したようだ。カワウソを竹竿で取ろうと思うが、長さが足りず取れない。竹竿を二本つなぎ何とか取ろうとするが無理だ。カワウソはこのまま知らずに、ホトトギスの雛を育ててしまうのか?

e0022344_08092632.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-11 08:08 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 10日

夢千夜一夜【第270夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第270夜】

美しい母と娘が特急列車に乗り込んできた。特急列車といってもここから各駅に止まるような列車だ。悪い気はしない。東京駅に着くのを待っていると、なぜか列車はリヨン駅に止まった。母娘の、屋根に乗せておいた荷物を降ろしてあげる。その際、食べ物がコウロギのように跳んでいってしまったが、捕まえて娘の机の上に置く。その頃にはコウロギは上向きになって死んでいて四肢を開き、腹を見せている。これを食べるのですか?、と娘が言うので、人間なんでも食べてしまうのではないかと言う。

e0022344_08150481.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-10 08:13 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 09日

夢千夜一夜【第269夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第269夜】

金魚の頭に大きなサファイアができてしまった。そのために金魚は異常な行動している。半透明の金魚の体内に、サファイアが濡れて光っている。生命体にとっていちじるしい異物にちがいない。その影響か、金魚は空中を泳いでいる。

e0022344_09443473.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-09 20:43 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 08日

夢千夜一夜【第268夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第268夜】

仕事が終わったので帰ろうとすると、印刷物の形式でレポートを作るのを忘れていた。これまで作ったものを下敷きに、新しい原稿を入れればすぐできるだろうと簡単に考えたけど、最近きちっとした新しい原稿を作っていないので、なかなかうまくまとまらない。以前作ったものを流用しようとしていると、坂上君が来て、そういえば以前に作られた印刷物の原本はどこかでありますか?、と言うので、こいつ俺の原稿を流用しようとしてるなと可笑しくなる。

e0022344_17380391.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-08 00:13 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 07日

夢千夜一夜【第267夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第267夜】

バスを待つ長い長い行列ができている。行き先は2つあって、われわれの乗るバスが来たので近寄っていくがもう満員で乗れない。最後に乗車を試みた乗客が、ステップのところで無理やり体を押し込んでいる。乗れないわれわれはまた列の最後尾に並び直すべきか、それともわれわれの乗るべきバスの列を新たにつくっていいのか。もう一つの行先のバスの乗客と分けて並べば、われわれは先頭グループなので、そのような並び方をしていいものかと迷う。

e0022344_20102904.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-07 23:59 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 07日

夢千夜一夜【第266夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第266夜】

少女が小川のふちに濡れた体ですわっている。髪も濡れている。彼女は濡れた紙で、ふとった金魚をくるみ、河原の石の間の小さな水で泳がせようとしている。しかしそこは、余りに水量がたりない。次に、石の組み合わさった隙間に、紙にくるんだ金魚を入れようとしている。いくら湿った和紙で包んであるとはいえ、魚は苦しいだろうと思うが、意外と元気で金魚はニコニコ顔だ。

e0022344_12024952.jpg



# by kugayama2005 | 2017-05-07 12:01 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 06日

夢千夜一夜【第265夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第265夜】

早朝から街を歩いていると、角の向こうから読経が聞こえた。朝から葬式なのか。角を曲がっててみると上半身裸の若い男が、道端に座っている。日に焼けて、昔なら土方焼けと言うわけだが、今時はサーファーなどの脳天気野郎だろうか。読経ではなく、人間50年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり、と謡っている。いい声だ。

e0022344_10485074.jpg



# by kugayama2005 | 2017-05-06 10:47 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 05日

夢千夜一夜【第264夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第264夜】

これはなんですかと言うので、それはあなたの弟さんの形見です、シネカメラとマイクロフォンの極上品を、私が買っておいたものです。それではこれで、シネカメラのシステムをを組み立ててみましょう。スピーカーはテレフンケンです。 もし映画を撮るというならこのシナリオでどうだろう、親をなくして今や親戚も探さず、一人ぼっちになってしまった、家系は絶えた。いいですか、ここは濃い川霧の中から弟が出てきます、ここは一人二役で有島行光さんのように演じてください。なんだそれは、敦盛ではないか、という声があり、ばれましたね敦盛です。

e0022344_11493876.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-05 11:37 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 05日

夢千夜一夜【第263夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第263夜】

電話番号を調べようと思うが、持っているのは旧式の壊れかけた携帯電話なので、全くわからない。困ってあちこち事務所内外の自分のスペースを回ってみるが、その間に一部の書類を置き忘れる。

e0022344_11245755.jpg



# by kugayama2005 | 2017-05-05 11:22 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 04日

夢千夜一夜【第262夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第262夜】

豊臣秀吉配下の武将となり
敵方の大将格2人を捕縛した
功績により金一封を授けられる
封筒を触ってみると
100万円以下だが
それなりにうれしい
その他菓子や珍しい野菜などは
婦女子に与える
しかしなぜ
豊臣秀吉配下になったのかいくら考えてもわからない。

e0022344_11500973.jpg



# by kugayama2005 | 2017-05-04 11:49 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 04日

夢千夜一夜【第261夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第261夜】

カワセミが飛んできた
手を差し出すと
翼の先で指に触ってくる
指先がこそばゆい
カワセミのハイタッチ?
ハチドリのようにも見える。

e0022344_11382397.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-04 11:36 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 03日

夢千夜一夜【第260夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第260夜】

株主総会で質問をひとつお願いしますと言うので、内容によってはいいですと答えると、ミラノの期待される企業との連携が実現したという。その件について冒頭に質問をどうぞ、と言うが、ミラノへの進出など見栄にきまっている。そんな本質をそれた質問をさせて、答えたいバカな役員がいるのか。この件を複雑にして困らせてやろうと思い、とりあえずミラノへのファーストクラスでの旅行と、高級ホテルにおける現地女性との自由恋愛を逆提案してみる。まぶたに浮かぶのはGigliola Cinquettiなんですけど彼女はヴェローナか。ふざけた話だ。

e0022344_11463533.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-03 11:45 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 03日

夢千夜一夜【第259夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第259夜】

絵画展のお披露目があるというわけでさして興味があるわけではないものの、モノレールと登山電車を乗り継いでずいぶん遠いところまで行くことになった。特に、登山電車に乗り換える駅は、塔のような岩山を直登しなければならない。ハローフィールドとかなんとかいう、権威づけ風のステイトメントが配られている。オープニングセレモニーの後、翌日また同じ場所でのお披露目に参加するための、レターを書いてもらう。また同じ急勾配のモノレールと登山電車を乗り継いで行き来するのだ。

e0022344_08563941.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-03 00:01 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 02日

夢千夜一夜【第258夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第258夜】

芸術家ふうの男に、大きい机をはさんで何か交渉している。男は言を左右し、要するに一切責任がかかってくる事柄を避けたいだけのようだ。ところで沖縄の紫鬱金の花の色は見たことありますか?、と聞いてみる。こういう男は知らないことを聞かれたくないものなのだ。という時、斜め後ろで待っていたのか、女性が時間がないんですもう時間がないんですと訴えている。そうすると男は、おうそうだと急に思い立ち、そこにある大きな下絵を眺めだした。それは、茄子に目鼻がついている絵だ。

e0022344_08232507.jpg


# by kugayama2005 | 2017-05-02 08:22 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 01日

夢千夜一夜【第257夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第257夜】

オダマキ貝という演劇をやることになっていて、オダマキ貝の役は貝の言語しかしゃべれない少年だという。その配役はそれとして、制作のほうを何故かやることになり、知り合いの業者、千葉さんにいろいろ頼むことにした。一方、何のことかはわからないが、葬儀屋のバイトに頼んで葬儀の準備は手配したらしい。棺をかつぎ出す順路まで指定しだしている。千葉さんはどうやら葬儀屋のほうもやりたいらしく、いろいろ論陣を張る。それはともかくとして、オダマキ貝の稽古があと2回位しかできないので、葬儀屋のほうは諦めてほしいが、千葉さんは面相が変わるほどがんばっている。

面倒なので、舞台は装置が何もなく、貝語のせりふだけで進行するようにして、千葉さんには好きなだけ葬儀屋をやってもらおう。

e0022344_09205781.jpg



# by kugayama2005 | 2017-05-01 09:01 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 30日

夢千夜一夜【第256夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第256夜】

校庭のような広い所をみんなで走って帰ろうということで、最後の方にビニールのロープがたくさん横に張ってあり、たいへん危険だ。どうやらこの件が危険なことに関して、責任を求めるようなことを言っている主催者がいる。

e0022344_10154490.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-30 10:14 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 30日

夢千夜一夜【第255夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第255夜】

何やら福祉関係の雑誌を2年分一冊ずつ頂戴できるということですが、量は多いし、全部読むともかぎらず、しかし選り好みするのも失礼な気がして、できれば本屋で必要なものを買います、と言ってそこにいた某君に銘酒を1瓶差し上げました。

e0022344_23341054.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-30 00:03 | Trackback | Comments(0)