久我山散人

kugayama05.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 10日

夢千夜一夜【第221夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第221夜】

詩と詩評の雑誌
創刊号らしい。

ゲラがなぜかあるので隠し持つ。
更に、別のゲラがトイレにある。
怪しまれないよう隠す。

今時こんな雑誌を創刊する出版人とはだれなのか
と、尊敬の念がふくらむ。

ゲラを読んでみると、
すべからく自己撞着。

さびしいような、
はずかしいような
で、ゲラを見られないように隠す。

e0022344_09274637.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-10 09:26 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 10日

夢千夜一夜【第220夜】 EOS5DSR

【第220夜】

自然保護の新聞1ページと
熊のポスターを作ってくれと言うので、
さっそく割付。

写真が足りないというから、
明日干潟で撮って来ましょう
貝など。

熊のポスターは案作るだけでデザイン料かかりますよ、と念を押す。さて、熊のポスターとはなんぞや?

e0022344_17522158.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-10 00:50 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 10日

夢千夜一夜【第219夜】 EOS5DSR


【第219夜】

電車を三本乗り継いで現場に行った際の交通費精算を表計算でやろうと騒いでいる。そんなことせずに単純に積算すればいいだろうと言いながらこちらも表計算に夢中になってしまうがどうやら計算式が壊れているらしい。

e0022344_17435907.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-10 00:43 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 10日

夢千夜一夜【第218夜】 EOS5DSR

【第218夜】

絶叫マシーンに乗ったらマジ怖かった
と、だれだか女性政治家が言っている。

アナタコソマジ怖イッス。

やっぱりほら勝てばいいんじゃなくて
優勝への戦略というかー、などと更に
しゃべっている。

とりあえず黙ってほしい。

e0022344_17403385.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-10 00:38 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 09日

夢千夜一夜【第217夜】 EOS5DSR

【第217夜】

畳から座布団に怪しい蟲が這い出る。

シベリア横断で榎本武揚を苦しませた蟲のようだ。ハサミで退治しようと熱心に追いかけるが、近くに座っている色っぽい人妻に気取られぬよう、慎重に身体を動かす。

色っぽい人妻は、沈丁花のような匂いがする。

e0022344_09262128.jpg



# by kugayama2005 | 2017-04-09 09:24 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 09日

夢千夜一夜【第216夜】 EOS5DSR

【第216夜】

三、四十年前の毒殺事件、
真犯人が明らかになったようだ。

大地震で橋が崩落した際、
断面から露出した鉄筋に引っかって
つかまって九死に一生を得た男。

かかとにえぐれた傷があり、
それを板塀越しに見たという
証言が立証された。

確かに、
かかとがえぐれているけど
その程度では立証できない
おそらく冤罪だろう。


e0022344_09145277.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-09 09:13 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 09日

夢千夜一夜【第215夜】 EOS5DSR

【第215夜】


明けがたに

踊り子の紙型が
庭で憂いている

袖に純金のボタンが三つ並ぶ
春の雪が降る間に融けて綺麗

これは巧くできすぎている
ニセの鬱病が見透かされるのでは?

e0022344_01373770.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-09 01:34 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 08日

夢千夜一夜【第214夜】 EOS5DSR

【第214夜】


見ると、野間宏とドミニクサンダが
リルケを読んでいる。
ずいぶんムカシの人。

アテドモナイ毎日ノ老人性ノ
目ガウルンデ、サモ
泣イテイルヨウダガ
フタリデ明ケガタニ
ナニカシデカシタコトモ
モウ遠イムカシノヨウダ

どうやらリルケではなく逸見猶吉のようだ。
e0022344_09222931.jpg



# by kugayama2005 | 2017-04-08 09:20 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 07日

夢千夜一夜【第213夜】 iPon

【第213夜】

甚者独行、疾病対策の法案なんです
と、面倒なことを言うやつがいる。

おそらく旧厚生省の天下りスケベ野郎が
可愛い秘書を指名して愛人がわりとし、
来年あたり退職金をもらって去るのだ。

羽田孜氏が法案を解説している。
立て板に水とは、このことか、
納得している自分が不思議だ。

e0022344_09194991.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-07 09:18 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 07日

夢千夜一夜【第212夜】 iPon

【第212夜】

乾麺の束を運河に投げ入れる。

運河にうっすら油膜が、
虹のように
にじんでいる、

そこに、
乾麺を縦にして何度も
たて続けに放るのだ。

e0022344_09091431.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-07 09:08 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 06日

夢千夜一夜【第211夜】 iPon

【第211夜】

あれ!
ハワイに行った
片割れの奥さん
だと、ちょっと色っぽい
らんちゅう金魚顔の中年女史が言う。

見ると、
パソコンの裏に
熱帯魚がくっついている。

尾びれの細い流線が、
パソコンの裏板にくっついているので
泳いでも進まないが、
大きい三白眼を見開いて悠然としている。

e0022344_08320704.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-06 08:29 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 06日

夢千夜一夜【第210夜】 iPon

【第210夜】

パナジウム立体折り紙パズル!
次までに案を出してください、
などと言っている。

全部つながっている、ひと筆しょうゆラーメン。
映像表示パネルに住んでいる影法師モンスター。
角柱の組み合わせで建物を作るワンタッチ素材。

みっつ考えたら疲れました。

e0022344_08214451.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-06 08:19 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 06日

夢千夜一夜【第209夜】 iPon

【第209夜】


一人8秒の放送
女子アナなどの8人で分担。
公平に収録できるよう配慮。
天気予報とニュースのつなぎでしかないが。

本社採用でないといけないのか?
余計なことをマスコミに聞かれないか?
などと、不安を訴える者もいる。

e0022344_08104406.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-06 08:04 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 06日

夢千夜一夜【第209夜】 iPon

【第209夜】

話が終わって解散する。皆、道路に出て行くが一緒になるのが嫌で、屋根に登って帰ることにするが、初めてなのでよくわからない。

初老の男が同じように、屋根伝いに歩いており、普通です普通の通勤のようです、と言っている。最後はどうするのだろう、垂直な鉄梯子でもあるのだろうか。男は屋根の向こうに姿を消した。

e0022344_19524664.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-06 00:50 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 05日

夢千夜一夜【第208夜】 iPon

【第208夜】

未成年なら本人確認しなければいけないでしょう、と言う。時計を見ると8時半だ。シャワーを浴びようと思うが、女の子が急に出て来たので一瞬腰痛になる。今日はもう仕事はやめようかと思うが、明日以降に持ち越すのも気が塞がる。

e0022344_19490078.jpg



# by kugayama2005 | 2017-04-05 23:46 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 05日

夢千夜一夜【第207夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第207夜】

印刷屋の耕運機のような小さな車が、水づいた小路をやってくる。砂糖きび畑のように、植物が植わっている。

入稿できるのか?、と確認する。原稿の最終的な扱いと、印刷の手配との間に数時間の無駄な時間がありがちで、それを知っていて放置している怠惰に心が乱れる。

e0022344_01390344.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-05 04:07 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 04日

夢千夜一夜【第206夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第206夜】

世界陸上だかワールドカップだかに
派遣される、
ムービーのクルーいるじないですか。

最後にゃ空港の床に寝ながら編集してたって、
たいへんすよね、こりゃもう、
アボガド食い食い飢えをしのいだってざまぁ、
などと言っている。

e0022344_08170264.jpg



# by kugayama2005 | 2017-04-04 23:19 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 04日

夢千夜一夜【第205夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第205夜】

列車の車内に
模型の線路を敷設。
模型の「とき」を走らせる。

次の車両を走行中
脱線、転覆する。

乗客に謝り復旧に行くと、
列車は寂しい駅に止まっている。

荒涼とした風景を
内川選手が眺めているので、
シベリア?、と言うと内川選手はにっこりする。

e0022344_04412391.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-04 04:39 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 04日

夢千夜一夜【第204夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第204夜】

いろいろ論争するのが好きなやつが多くて面倒なので、騎馬民族が朝鮮半島の南端まで来ていきなり船に乗るわけがないだろうと面罵し、揚子江に依拠した海洋民族なら陸の見えない海を恐れることもなく、海女や鵜飼で推して知る技能を伝えた。潜水漁労、縄文土器の制作が女性の仕事だったことも無視できない、などと思いつきをしゃべる。

e0022344_02323310.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-04 02:29 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 04日

夢千夜一夜【第203夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第203夜】

数人で論争している。
ニューギニアの島伝いにシンガポールを目指し、
なんとか北上して日本に帰るのだと、
いや、危険ではあるが可能な限り
飛行機を待つのだ、と。

そのうちの一人の准尉が、
さて俺がどこに鍵を隠したかわからんか?
と、捨てぜりふ。

鍵は、
鍵のかかった革カバンの中から見つかる。
何かのトリックだろう。

e0022344_02165533.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-04 02:14 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 03日

夢千夜一夜【第202夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第202夜】

大部屋に多くの重鎮が集まっている。

日米の軍事衝突が避けられないとすれば、先ず在日米軍の爆撃機を基地で破壊。飛びたってしまった場合でも即時に撃墜しなければならない。那覇の自衛隊で、嘉手納を叩くというような事態だ。次に来るのは第7艦隊、自衛艦で対応できる位置なのか。原潜のミサイルは?

政治家はざわめくのを止めて、会場は静まり返る。

憲法の停止がない以上、政治として日米同盟の廃棄と防衛戦争の発動を宣言だ。事はすべて領土・領海上。総理の任期切れが半年後に迫っている。参院議員だけで組閣か?、臨時国会の召集は明日に。

戦闘が起こるとすれば?

米軍機を基地で破壊できなければ、兵庫県あたりか。日本は東西に分断される。勝ち目があるとしても、すべてうまく行って一両日までだ。その後は外交交渉。

会場の緊張が高まる。

e0022344_04252631.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-03 04:22 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 03日

夢千夜一夜【第201夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第201夜】

何かの集会で、護憲とか改憲とか言う切りクチでなく、などとお歴々がしゃべっている。田英夫さんもテレビ枠でいる。高校野球の宣誓みたいのは嫌だとだ言う人がいる。

会場風景を巧みにイラストで書く人がいるので、印刷物に使うため連絡先を聞く。

e0022344_04302446.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-03 04:19 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 02日

夢千夜一夜【第200夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第200夜】

「妄想古語辞典による言語化のヒミツ」アホンシス・アホヤマ著。グダグダのマリヤ様、音楽室に行くのに方法がわかりませんという。

e0022344_04215489.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-02 23:31 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 02日

夢千夜一夜【第199夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第199夜】

穴の中から何かとる
火の輪に何か入れる
女性が、
夢おぼろ?
ホッシ(星)売りの少女
と言っている。
一人二役と女性記者の籠絡

e0022344_04131366.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-02 23:22 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 02日

夢千夜一夜【第198夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第198夜】

サイコキネシス(psychokinesis)とチャイコフスキーの関係はわからん、と地下道でとつぜん怒鳴りだす通勤途上の男がいた。

e0022344_04080427.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-02 23:06 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 02日

夢千夜一夜【第197夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第197夜】

コレクターというには近代の病理をいうのかとずっと思っていたが
そうではなく、
近代の浮舟の船底を突きあがってくる古代精神ではないかと、
気づいた次第。ーーー誰かが講演している。

e0022344_04021196.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-02 04:01 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 02日

夢千夜一夜【第196夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第196夜】

誰かが、地面に
チョークで線を引いて
ここからここまでが競走、
と言っている。
周囲の幾人かが走る気になった。

e0022344_03565853.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-02 03:55 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 02日

夢千夜一夜【第195夜】 iPon

【第195夜】

民俗誌を集めた押入れ、
これはサンカ(山窩)の資料一式です、
などと説明して、
ちょっと自慢げ。

父が、おれも明治の文献を持っていると言うので、茨城の借家の納屋までそれを見にいく。
確かに、古事記にいう「まつろわぬ民」は縄文人だなどと筆で書いてある。だが、縄文と書くのは後代のことで、明治期は多く「縄紋」と表記していたのではないかと考えると偽書ではないのか。

周囲を見渡すと、ボウバクとした原野で珍しい草が勢いよく生えだしている。
桃の木が揺れた思うと、猿が来ている。

この辺なら百万円くらいでずずっと買えそうですねというと、利根川が溢れたら水の底ぢゃあねえのかと父が言う。

e0022344_03503782.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-02 03:46 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 01日

夢千夜一夜【第194夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第194夜】

落ちやすい
剥がれやすい岩を登る。
手にする岩は
すべて剥離していく。

滑る。
割れて落ち
進退きわまり飛びうつると
まっすぐな森の道だ。

しばらく行くとザクロいろのゲートが閉まっている。
無理に開けて入ると、
橋がある。
水草が海蛇のようにうねる豊かな水を渡っていく。

クマの森だ
クマがいて
人間の味はザクロですと言っている。

e0022344_20454534.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-01 20:44 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 01日

夢千夜一夜【第193夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【第193夜】

空港で会った女性が
粘着質の声色で怖い

ーー路地じゃ。奇妙な車が出てきたばあい、どこを記憶する?、ルーフに載せたウォータバイクか?、運転者のヒゲ面か?、車体のサイケデリックなカラーリングか?、ナンバープレートか?。どう?、どうじゃ?--

e0022344_20281537.jpg


# by kugayama2005 | 2017-04-01 20:27 | Trackback | Comments(0)