久我山散人

kugayama05.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:女性ジャズピアノ(日本) ( 106 ) タグの人気記事


2010年 03月 18日

春なので女性ヴォーカルを聴こう(10) Chio Allin / Niwa Niwa

チオ・アリンなのである。実は発売日に買って聴いたもののさっぱり意味がわからずホッておいたのだけど、こういうのも一種、ベタなあれだな、と思い直して聴いてみたら、まあやっぱりベタですね。ベタっていう意味はね、あえて言えば、芸術、ということかな。ちょっと時間ができたので、ホッと、音楽を求めても、イキなりゲイジュツを突きつけられてもネ。

e0022344_219638.jpg


1 オバタラ (ソロ・ヴォーカル) 

2 ニ・ブラジル (ピアノ、ドラム)

3 ドゥマ (ヴォーカル、ピアノ、ドラム) 

4 マレコン・ラヴ (ヴォーカル、ピアノ)

5 オルビタ (ソロ・ピアノ)   

6 シスネロス (ピアノ、ソプラノ・サックス、ドラム)    

7 ラ・モンターニャ (ヴォーカル、ピアノ)   

8 ヌエボ・アルゴ (ヴォーカル、ピアノ、ドラム)    

9 アシタ・アヤグナ (ヴォーカル、ピアノ、ドラム)   

10 トゥー・パーソンズ (ピアノ、ドラム)

by kugayama2005 | 2010-03-18 21:09 | Trackback | Comments(0)
2009年 04月 17日

上原ひろみ/ソニックブルーム・ライブ・イン・コンサート/女性ジャズピアノ(日本)105

ボクははっきり言いたい。上原ひろみは、モーツァルト以来の天才だ。同時代に生きる幸せを享受したい!
 ありがとう!
  ただし(笑)
   ヤハマとのお付合いは、もういいんじゃない。

e0022344_21534081.jpg

e0022344_21553880.jpg

1. Deep into the Night
2. Time and Space
3. Time Control, or Contorlled by Time
4. Time Travel
5. Note from the Past
6. Double Personality
7. Time Out
8. Return of Kung-Fu World Champion

by kugayama2005 | 2009-04-17 21:54 | Trackback | Comments(2)
2009年 04月 16日

大野智子/Shadows of Spring/Tomoko Ohno in Buenos Aires/女性ジャズピアノ(日本)104

大野智子、1997年のアルバム「パウダー・ブルー 」以来、ちょっと聴いていなかったが。米国の独立系CDの販売を支援する「ベイビィCD」を覗いたら、2枚のアルバムがあったので購入した。(日本のCD屋でも買えるけど値段が凄い高ー)

初アルバムの「パウダー・ブルー」を聴いたとき、ボクは思わず、「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる」、と、うなってしまったものだ。

で、この最近のCDはちょっと「和風」から外れてしまった感があるけど、ニューヨーク住まいが長いんじゃしょうがないか。

TOMOKO OHNO/Shadows of Spring
e0022344_2021581.jpg

1  Black Mountains
2  Shadows Of Spring 
3  Casa Mila
4  Funk A Leufu
5  Invierno Porteno
6  In Your Own Sweet Way
7  Alone Again
8  Lazy Bird
9  Samba De Sorvete
10  Anabelle
11  Oblivion    

TOMOKO OHNO/Tomoko Ohno in Buenos Aires
e0022344_20202199.jpg

1) Chappell Warner / Piazzolla Astor
2) J. B.
3) Make Someone Happy
4) Monkey And Pineapple
5) Los Paraguas De Buenos Aires
6) Do You Know What It Means To Miss New Orleans?
7) Maria
8) Pollo Picante
9) Kame Iii
10) Memphis

by kugayama2005 | 2009-04-16 20:24 | ♪音楽の楽しみ(女性JazzPiano) | Trackback | Comments(0)
2009年 04月 15日

上原ひろみ/ジャズ・イン・ザ・ガーデン/女性ジャズピアノ(日本)103

またまた嬉しい、上原ひろみのCDが今日発売になりました。ひろみ嬢(じゃないか結婚したんだった)の、フランク雑破傾向も悪くはないけど、やっぱりジャズ回帰してくださるとオヂさんは嬉しい。嬉しくて嬉しすぎる。仙台まで聴きに行った夜を思い出す、っぷ。・・・この三人はとっても合ってる。

e0022344_20231034.jpg

e0022344_20234161.jpg

ををっ、久しぶりに正統的なコード進行も聴いたような気がするが・・・このジャケ、色の出方は、カール・ツァイスじゃないか?、などなど。余計なことも考へる、けふこのごろ。

1.パラディグム・シフト
2.さくらさくら
3.シシリアン・ブルー
4.ティク・ザ・コルトレーン
5.スリー・ロング・ノーツ
6.いつか王子様が
7.イソトープ
8.ベース・フォーク・ソング No.5 & 6
9.グローバル・トウィーク
10.ソーラー
11.ブレイン・トレーニング
12.アンダー・ザ・ブリッジ
13.エルズ・トップ(ボーナス・トラック)

by kugayama2005 | 2009-04-15 20:22 | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 29日

上原ひろみ/ビヨンド・スタンダード 女性ジャズピアノ(日本)102

ビヨンド・スタンダード(初回限定盤)(DVD付)が発売日にあわせて届いていたので、ぜひこれを今日は聴きたかった。しかし、紆余曲折、なかなかそういう環境には至らなかったので、見るだけで終わりにしよう。これは(ジャズの)スタンダードを演じているらしい。週末にゆっくり聴くこととする。久々にあらわれた日本人の天才。ゆっくり聴いてみましょう。

e0022344_21231018.jpg


by kugayama2005 | 2008-05-29 21:25 | ♪音楽の楽しみ(女性JazzPiano) | Trackback | Comments(1)
2008年 05月 16日

木住野佳子 Tenderness Concert (DVD) 女性ジャズピアノ(日本)101

ボクの理想は、金曜日の夜はコンサートなどに行き、ふつふつとその感動を引きずりながら深夜の街をあるいて・・・どこかでポツリと酒でものむ。・・・しかし、現実はなかなかそうは運ばないので、人工的にそういう環境をつくるしかない。

したがって今宵はそういう環境をつくってみるために木住野佳子DVDを、オーディオ環境で流してみよう。木住野佳子はなんと、ボクの高校の後輩なのだ、と、いうことは“夜ご美”の後輩でもあるのだが。・・・まあ、いかにあの高校が勝手気ままだったかということは、このDVDを見ればわかる。

e0022344_21171043.jpg

by kugayama2005 | 2008-05-16 21:17 | ♪音楽の楽しみ(女性JazzPiano) | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 18日

安井さち子/恋人(エナモラーダ) 女性ジャズピアノ(日本)100

ボクの好きな日本のジャズピアニストとして、三輪洋子、野本晴美に続いて安井さち子の新アルバムについて書こうと思っていてのびのびになっていた。三輪、野本、安井はボクのいちばん気になる方々で、三輪をのぞいては常に東京近くのライヴハウスで聴くことが可能。だからいまや世界中でジャズが街に存在している最高の都市は東京なのだ。・・・ある日刊紙の夕刊に、日本の女性ジャズピアノ奏者についてのコラムがはじまって、その1番目が安井だった。三輪や野本は登場するのだろうか、と興味のあるところだ。・・・ところでこのアルバムなんだけど、ボクはあんまり好きになれなかった^^

(2008/2/20)
e0022344_70536.jpg


e0022344_711941.jpg

1 THE DOLPHIN
2 JACK-IN-THE-BOX
3 LEFT ALONE
4 THE CAT
5 WELL, YOU NEEDN'T
6 UGETSU
7 MOONRISE
8 TWILIGHT EXPRESS
9 LOVE FOR SALE
10 IN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNING
11 SWEET THUMB DANCE
12 NIGHT AND DA

安井さち子 (p)
デイヴィッド・ウィリアムズ (b)
ニール・スミス (ds)

by kugayama2005 | 2008-04-18 07:01 | ♪音楽の楽しみ(女性JazzPiano) | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 10日

nomoto harumi trio(野本晴美トリオ)/Belinda

はっきり言って、ご当地では野本晴美を超える存在はほとんど見当たらない。それなのに前作、Another ordinary dayから5年も待ってやっと新しいアルバムができた。どうしてそんなに待たないといけないのだろう。アルバムは売れないのだろうか。どうしてみんな買わないのだろう。日本の音楽シーンの至宝ともいうべき最後の破滅派?のもちんなのに・・・、まあ、人気にならないほうがボクにとっては嬉しいのだけど。

HPのおしらせから、ユーチューブも見られます。今週土曜日「上町63」(馬車道)にいるらしいから行ってみようかと思ったら、当日はプチボンの切符を買ってあることに気づいたので行かない。・・・のもちんのHP、以前はBBSで本人も含めてみんな勝手なこと書いていて面白かったのだけど、最近は普通のHPになってしまった。残念だ。ブログは相変わらずおかしくて笑える。

e0022344_6571618.jpg

2007/10/30
BQ Records

1 M.m.c.m.
2 7up
3 Belinda
4 Dog Star
5 M.m.c.m.
6 Crescent
7 Baobabu
8 My Sweet Brown
9 Improvisation Solo
10 Improvisation Trio

by kugayama2005 | 2008-04-10 06:57 | ♪音楽の楽しみ(女性JazzPiano) | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 09日

Yoko Miwa Trio(三輪洋子トリオ)/The Day We Said Good Bye

日本の女性ジャズピアニストをまとめて聴いたのはもうだいぶ前になるので、その後の展開をすこし探っておこうとおもう。三輪洋子はそのなかでも最高の作演者なのだけど、今回のジャケットはそのまんま、なにか凡百の新人CDみたいな感じで困る。・・・実は米盤のCDは軽いデザインのジャケットで出ていたので、↓
e0022344_1333496.jpg
そっちの路線に移ったのかも知れないが、これまでの洒落たジャケットをおおいに気に入っているボクとしては、つまらない気がするのである。

内容はというと、これまでオリジナル曲をたくさん聴かせてくれたのに、今回はそうじゃないので、これもちょっとがっかりだけど、米東海岸を活動の拠点にする彼女にしてみたら、よく取り扱う曲を弾いてみたのかもしれない。それはそれで実に楽しいことだし、何を弾いても三輪洋子になってしまうのでボクは嬉しい。しかしはっきり言って、オリジナル曲の方がだんぜん良いので、こういうアルバムはもうこれ1枚で結構、といいうのが正直なところなのだ。

e0022344_6204511.jpg

The Day We Said Good Bye
Yoko Miwa Trio(三輪洋子トリオ)
2007/11/20
Sunshine Digital

1. Where we’ve Been
2. In Walked Bud
3. The Day We Said Good Bye
4. Journey Home
5. I’m in the Mood for Love
6. E Com Esse Que Vou
7. Golden Slumbers
8. Liberty City
9. Just Like a Woman
10. It’s Love
11. Ballad

by kugayama2005 | 2008-04-09 06:28 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 27日

CDの整理 (14) 上原ひろみ/アナザーワールド

上原ひろみは浜松出身で、浜松といえばヤマハ、といえば音楽教室育ちなので、その縁でだろうけど当然そのピアノを使っている。ああ、他の○とか×とかいうピアノを使ってくれないだろうか。この曲を○とか×で聴きたい、と思うこともしばしばなのだけど、そこんとこヤマハさん心を大きく持ってよろしくお願いしますね。

Uehara Hiromi/アナザーワールド
2004/09/08
HIRO-UEHA002
e0022344_8185573.jpg
1. カンフー・ワールド・チャンピオン
2. イフ…
3. ウインド・ソング
4. ブレイン
5. デザート・オン・ザ・ムーン
6. グリーン・ティー・ファーム
7. キートーク
8. レジェンド・オブ・ザ・パープル・ヴァレー

by kugayama2005 | 2008-02-27 08:18 | CDの整理 | Trackback | Comments(9)