承前:

◼️戸田茂睡「紫の一本」(むらさきのひともと)

紫草についての古典

1 むらさきのひともとゆゑに武蔵野の草はみながらあはれとぞ見る (詠人知らず/古今和歌集)

2 いにしへの草のゆかりもなつかしければなり。これもむらさきの一もとゆへなるべし。(北条氏康/むさし野の記行 天文15/1546年) ※ 天文15年前半は

後北条氏にとって戦争に明け暮れた年だったので、「武蔵野紀行」は後年誰かが書いたものと推察されている。

3 あかねさす武良前野(むらさきの)行き標野行き野守は見ずや君が袖ふる(額田王/万葉集) ※ここでの紫野は蒲生野(現:滋賀県近江八幡市あたり)で、標野は天皇の占有地。

.

3を見る限り紫草の生育地は関東だけではなく、畿内にもあったわけだ。だが「むらさきのひともとゆゑに武蔵野の草はみながらあはれとぞ見る」の影響が強すぎて、紫草といえば武蔵野ということになってしまった(のだろう)。

季節は移る#iPon
2024日記【106】境界と自由988 _e0022344_13131300.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-04-17 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

承前:

つまり江戸の遊民や、パリのリルケを含めて、都市化と関係のあることで、都市に誕生した特定の生産にかかわらないニンゲンの話なのだ。

.

わかりやすくここまでの延長線上で言えば、元禄の松尾芭蕉や井原西鶴という立派なモデルもあるのだが、彼らは立派すぎて文筆を生業にできたのだから遊民とは言えない。だからかえって芭蕉の弟子たち(のなかで豊かな商人ではなかった者)に興味がわくのだが、それは後回しにしてもう一度、戸田茂睡に戻ってみる。

.

戸田茂睡に「紫の一本」という著作があり「むらさき の ひともと」と読むのだろう。「紫」は武蔵野の象徴、紫草のことだが、藤原孝標女がすでに「更級日記」で「(上総から)武蔵の国に入ったけど、何んにも美しい所なんてないわ。海岸も白い砂などなくって、泥泥してるし、「むらさき生ふ」と聞いていた武蔵野も、芦や荻ばっかりすんごく高く生えちゃってさ」と毒づいたように、武蔵野に紫草がそうあるわけでもなく、いわば無いものの象徴と言ってもいい。

.

茂睡も「紫の一本」を探すわけではなく、自己を「浅草の痩せ侍の隠士」と「四谷の微官のなま遁世者」に分裂させ、春は上野の花、秋は多摩川の水を訪ねるというに過ぎない。さらに「戸田茂睡」という実在の人物も頻繁に顔を出す。

ー続く

季節は移る#iPon
2024日記【105】境界と自由987 _e0022344_13133517.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-04-16 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

少し脱線が長くなったけど、平曲(平家物語)や能楽の、戦いの死者に対する鎮魂は、日本文化の基礎になったと思う。その割には、第二次世界大戦の死者に対する対峙は不充分ではないか。

.

ふと思うのは、リルケ「マルテの手記」においての「パリでは死は病院にある」という記述で、大都会の死が病院にあることの奇妙さを言う点だが、その後リルケは第一次世界大戦を経験し、そこでの戦場にある大量死をどう表現したのか?、と今さらながら気になる。

季節は移る#iPon
2024日記【104】境界と自由986_e0022344_13125286.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-04-15 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

2024日記【103】境界と自由985


承前:

私見では、信長は能楽の感性はなかったのだと思う。天正10年5月19日に家康接待の場で「敦盛」を演じさせたとすれば、少なくとも明智光秀と織田信忠はその意味を共有していたのではないか。信長が能に激怒したのも、そのことを察知しからだろう。

.

光秀は西国大名と通じていたし、当時(信長に追放されて)鞆(現・福山市鞆町)にいた足利義昭と連絡をとっており、将軍を復権させて戦わずに全国統一をする構想があったのではないか。それだけではなく、秀吉とも構想を共有していた可能性もある。

季節は移る#iPon
2024日記【103】境界と自由985 _e0022344_13104384.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

# by kugayama2005 | 2024-04-14 17:00 | 2024日記 | Trackback | Comments(0)

酒器彩々191

酒器彩々191

.

おどろくべき成果。ムカゴ一個がなんとこんなにヤマイモになってる。さっそくヤマイモオカカで食す。美味なり。

.

iPon

酒器彩々191_e0022344_10073962.jpg

酒器彩々191_e0022344_10003131.jpg













# by kugayama2005 | 2024-04-14 00:00 | 酒器彩々 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005