のすたるぢや東京(008)

トラックバックURL : https://kugayama05.exblog.jp/tb/19598797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by カンカン at 2013-01-21 12:31 x
私も新宿駅でまだ公衆電話が一列に並んで残っているのを見て
写真に撮っておきたいと最近思っていました。
もう誰も並ばない公衆電話。時代はこんなにも変わってしまった。
この列で長電話にいらついてけんかっぽいことになっていたなんて
ことも見たり・・

この写真だと不思議な感じがして、電話をすれば過去とも
つながりそうなそんな気がする。

家のまわりに少しの残る公衆電話はよく人が入っているけど
それは異国の言葉で海外にかける人たちのもの。
Commented by kugayama2005 at 2013-01-21 21:00
カンカンさん
 東京は、疾速
  かわりつつある無情さと
   いいや変わらねえ頑固一徹が
    入り交じって
     どっちがどっちだか
      わからねえ
       それは江戸初期から続いている
        と思います

江戸初期から
 江戸は「亜近代」を体験していた
  というのが
   久我山散人の主張です、
    て?、この看板の写真
     もう1枚、のすたるぢや東京(009)アップしました
      実はこっちのほうがワタクシとしては本命だったのですが
       「ま〜こんな写真、だれも理解してくれないよな〜」と
        思って、よりわかりやすい(008)にしたのです。
by kugayama2005 | 2013-01-20 12:48 | Trackback | Comments(2)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005