秋に翔ぶもの(039)

トラックバックURL : https://kugayama05.exblog.jp/tb/21218172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by satoyamakotori at 2013-10-20 18:40
版画だ版画だ。
でもあたしに版画を語る知識はないから師匠はなんとおっしゃるか。
Commented by トントン at 2013-10-21 00:27 x
私も版画を語る知識がないよ~~~
まったく理解をせずに感覚だけでやっておると師に言われておる。
分からずにやる、すごい方なのである・・私って。
Commented by kugayama2005 at 2013-10-21 08:50
さとやまん
版画というよりは
唐草模様というかな
Commented by kugayama2005 at 2013-10-21 18:33
トン姉
 版画と言うより
  詩集の素材にも見えるのだが
Commented by satoyamakotori at 2013-10-21 23:28
おいちゃんが変換ミス??
どうしたの?便秘?
前に持ってた日本の文様図鑑にこんなのあったよ。
版画なんだけどさ。
確かに唐草だったかも。
藪辛子はアラベスクか。
Commented by kugayama2005 at 2013-10-22 20:09
さとやまややのままやとさ
 変換
  気持ちミス
   だって
    刺繍って書くと
     最近刺繍してないヒトの心が傷つくかもしれないからね

唐草模様は
 ぜんぶ中東から来てるからね
  ペルシャに
   ヤブカラシがあるかどうか!
    行ってみたいよ
 
Commented by トントン at 2013-10-23 23:19 x
ははは、すまないのう、最近刺繍なんぞ刺してない。
でも大丈夫、傷つくような、やわな人生送ってきていないから・・・逞しさは身についた・・けど・・・体力は減っていくのみ・・・あ~~~です。
Commented by kugayama2005 at 2013-10-24 20:09
トン姉
 そうかい
  まあ
   一定程度の年齢で
    体力ありすぎるのもおかしいね
by kugayama2005 | 2013-10-20 08:36 | Trackback | Comments(8)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005