夢千夜一夜【第9夜】 iPon

【夢9夜】

浅い川がある、浅いというよりほとんど水がない。
マウンテンバイクで渡り、強引に対岸の堤に登る。

川に沿った道を走る。
しかしどっちへ行っても、行き止まりだ。
人家の裏庭や、墓地に出てしまう。

行きつ戻りつする。

女性に道を聞くと、
「あの屋根が会津の有名な寺さ」と言う。
堤のうえから見ると、確かに大きな屋根が三重に見えるが、
ずいぶん遠く、土煙にかすんでいる。

会津では新幹線から遠くなり、帰るのに一苦労だと思う。
猪苗代湖からたくさんの川が流れてきて、大変だろう。
そう考えていると、
「猪苗代湖の水は日本海に流れているんだぜ」と浪人者が言った。
余計なお世話だ。

e0022344_15451275.jpg





トラックバックURL : https://kugayama05.exblog.jp/tb/24922196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kugayama2005 | 2016-11-14 18:18 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005