夢千夜一夜【第15夜】 ライカ ズミルックス f1.7/23mm ASPH

【夢15夜】


大阪に来ている。
所用の会議が終わった。

紙片にメモをしておいた番号に電話する。
ある女性に、大阪に来ていると告げた。

大きな家に寄宿している。
時間は早いが自分の部屋に戻って、
あたたかいシャワーを浴びる。

いつまでも浴びていると、
どこかでのテロのニュースが聞こえて来る。
体が動かなくなる。

壁の時計を見ると、
いい加減な時間で止まっている。

女性に電話したことは、良くないことだったろうか。人妻だ。

電話や私信は良くないだろう。
別の記述した何かが良いかもしれない。

電話番号を書いた紙片をどこにやったのか。
きっと上着のポケットに入れたに違いない。

e0022344_02572213.jpg

トラックバックURL : https://kugayama05.exblog.jp/tb/24952196
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2016-11-21 05:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kugayama2005 at 2016-11-21 21:14
米大統領選挙は、評論するヒトのレベルが問われて面白いねえ。クリントンは偽物だって思った米国民の判断は、鋭いと思う。もはや、労働者階級の白人を代弁するのは、サンダースしかいなかったのだね。サンダースの政策は、今は希薄になった社会主義そのもので、空想に近い。

一方、トランプも基点は、ガス室に送られそうになった「ホンモノのユダヤ人」を、ムスメムコに表現している。つまり、今まで裏で動いていたユダヤ的なものは、ニセモノだと否定している。
Commented by kugayama2005 at 2016-11-21 21:22
トランプの中身は、娘のイバンカなのだろう。歴史的なことだ。東欧、ドイツの地場で苦しんだユダヤ的思考が、今USAでよみがえるのだ。

日本が日英同盟を捨てて、枢軸国に走った大失敗を、今こそ取り戻す機会ではないか?
Commented at 2016-11-22 05:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kugayama2005 at 2016-11-22 18:00
木村太郎は、米国で本質を見抜く取材をしてたからね。中間層の不満が鬱積していて、クリントン陣営はそれに気づいていなかった。五大湖周辺やフロリダを軒並みをトランプに持っていかれたのは、感性のなさからだね。
by kugayama2005 | 2016-11-21 02:51 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(5)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005