夢千夜一夜【第292夜】 EOS 5DS R/Apo-Makro-Planar T* 4/120

【第292夜】

鹿児島から列車で東京まで帰る。とても豪華な作りの車両だ。しかしそこは一等車で、列車の中を移動していくといろいろ趣向を凝らした、あるところは茶室風、あるところはパリのサロン風などの車両だ。

末尾に少しだけ、ほんの一両半ついているほとんど人がいない普通車は、海辺を疾駆すれば波をかぶるような海面に近い客車だ。ガイジンの男の子がふたりついてきて、Wi-Fiに便乗しようと狙っている。

列車のようで船のようでもある。港の外の町家が列車に喰い込んでいて、芝居の書割りのようだ。そういえばずっと昔、那覇から鹿児島まで船に乗り、その後は普通列車を乗り継いで、京都に一泊し、東京に帰ったことを思い出した。

e0022344_10240736.jpg

トラックバックURL : https://kugayama05.exblog.jp/tb/25788587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kugayama2005 | 2017-05-21 10:22 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005