夢千夜一夜【第768夜】OLYMPUS PEN-F/ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

【第768夜】


暗い小道を歩いていると、ひん曲がった四角に来た。左側が見えないので、ミラーが右向こう角に設置してある。丸い凸面鏡にて、虎柄の脚だ。言ってみれば、黄色縁高立凸面虎脚鏡なり。ミラーを見る。自動車は写っていない。したがって、直進歩行すべきか。しかし、鏡に写っている像が現実であるという保証は何もない。像と現実が、一致するのだろうか。つまり、毎回、像と現実が一致するのかどうか確かめなくてはならないとすれば、この黄色縁高立凸面虎脚鏡は、事実とは何かと問う、一種のスフィンクスなのかもしれない。そんなものを行政が税収を使って示す必要はないと思うと、怒りがこみ上げてくる。


e0022344_01074868.jpg
e0022344_01080866.jpg


トラックバックURL : https://kugayama05.exblog.jp/tb/27177945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kugayama2005 | 2018-04-04 18:07 | 夢千夜一夜 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005