久我山散人

kugayama05.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 08月 21日

2018日記【003】シャンカラの不二一元

2018日記【003】シャンカラの不二一元


釈迦入滅後、56億7000万年後に弥勒菩薩が新しいブッダになると言われている。50億年というのは、実は太陽が誕生して今約50億年が経っており、最終的に太陽が爆発して終わる(矮星になる)のがさらに約50億年後だという。


弥勒菩薩がブッダとして現れる時は、太陽が膨張して地球が燃えカスになり、遠い軌道に吹き飛ばされている時なのだ。


インド人の考えることは恐ろしい。


東大寺の盧舎那仏の開眼供養は、西暦752年にインド僧の菩提僊那(ボダイセンナ)を招いて行われた。菩提僊那はインドからヒマラヤを越えて唐に来ていたところ、入唐していた日本人に請われて来日した。もちろんインドにはおろか唐にも帰れず、日本で死去している。


インド人はえらい。


ところで菩提僊那とまったく同時代に、シャンカラという人がインドにいて、古代のヒンドゥー教をひもとき、不二一元(ふにいちげん)論を推し進めた。


不二一元というのはブラフマン(宇宙の根本原理)と、アートマン(自己の本体)とは同じものだという考えで、漢語訳では梵我一如と言うらしい。そうは言っても、この濁世を生きている我々は、宇宙の根本原理と自分が一体だとは思えないのだが、それは無明(無知)に妨げられているからだそうだ。


菩提僊那とシャンカラが、もしかして知り合いだったかも知れない、などと夢想する。シャンカラは仏教に好意を持っていたようだし。


それで、前記ペンローズの「量子・意識論」というのは、「ブラフマン・アートマン論」と似ていることではないかと気付いて、暑い中ちょっと寒気がしたのだった。


【写真】天竜浜名湖鉄道/夏

OLYMPUS PEN-FKodak Cine Ektar Lens 25mm f/1.4


e0022344_17471215.jpg


by kugayama2005 | 2018-08-21 05:46 | 2018日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kugayama05.exblog.jp/tb/27509422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2018日記【004】スタニス...      夢千夜一夜【第1004夜】OL... >>