久我山散人

kugayama05.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 27日

2018日記【042】沖縄から11 港川人

日本で旧石器時代の全身の人骨が初めて見つかったのが、沖縄南部の港川というところです。その後、石垣島でも見つかっています。


旧石器人が、日本の四島にいなかったわけではもちろんありません。道具など生活痕は多く残っていますが、人骨は酸性土で融解してしまうのです。


港川人は、その後、縄文人になったという説があったのですが、最近は否定されています。


それはともかく、港川に行ってみなければと、那覇から糸満を経て行きました。何と、そこには20歳のころ行ったことがありました。


玉泉洞という洞窟があって、今はピカピカの観光地になっているではありませんか。中国さんや韓国さんが楽しそうに徘徊しています。ハイビスカスが咲きほこり、韓国の女の子が「ハワイイみたい!」と喜んでいました。韓国語ではHawaiiの最後のiiを律儀に発音して「ハワイイ」になることを知りました。


【写真】沖縄の秋/SONY DSC-RX0


e0022344_14315814.jpg


by kugayama2005 | 2018-10-27 15:07 | 2018日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kugayama05.exblog.jp/tb/27617543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2018日記【043】沖縄から...      2018日記【041】沖縄から... >>