2019日記【003】日本の「農業化」と律令制崩壊過程 38

西暦663年 白村江の戦い

西暦672年 壬申の乱


天智は難波京(その後近江京に遷都)へ帰り、弟(後の天武)は九州に残り、敗戦処理にあたった。


唐や新羅の外交団が次々と九州にやってきた。唐が日本の軍事制圧に乗りだす可能性もあり、九州~畿内間に城をつくり、防衛体制を敷いた。


万葉集に残る防人歌は、この時、難波津で採集されたものという。


つまり、西国ではもう兵を集めることができなかったのだ。


【写真】金沢城/SONY DSC-RX0

城ファンではないのですが、勢いで、加賀百万石。


e0022344_13475903.jpg












トラックバックURL : https://kugayama05.exblog.jp/tb/27775953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kugayama2005 | 2019-01-03 05:52 | 2019日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005