2019日記【017】日本の「農業化」と律令制崩壊過程 52

◾️班田収授法のあらまし(初期の原則)


・良賎男女を問わず6歳以上になれば皆国家から一定の田地を授けられる

 →そのために戸籍を整備する。戸籍整備と口分田の班給・収受は6年に一回


・良民の男子は2段、女子はその3分の2(田地の面積 1段は約1200平米=約34.6m四方)

 →女子は租以外の税(庸調など)を免除される

 →口分田に課せられる税(租)は収穫の3%程度(1段につき稲2束2把)


・官有奴隷は良民と同じ。私有奴隷は良民の3分の1


・口分田の売買は厳禁

 →だだし交換や一年単位の賃貸は許可


・当該人の死亡や逃亡で土地を収公


◾️その他の土地


・園地(宅地と畑)は男女長幼を問わず均等に配分

 →賃貸や売買は自由


・園地、墓地すべての土地はすべて公有

 →ただし水源地、要塞地、保安林、御猟林以外の公有地は私人でも平等に使える(山で木を切ったり、薪を取ったり、魚鳥や鉱物を取ったりすることは自由)


【写真】富山地方鉄道(富山軌道線)/SONY DSC-RX0

私は鉄道ファンではありませんが、勢いで。


e0022344_07190316.jpg










トラックバックURL : https://kugayama05.exblog.jp/tb/27846304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2019-01-17 18:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kugayama2005 at 2019-01-17 23:57
つうか何つうか、「対称性の破れ」に何かあると思うが。
by kugayama2005 | 2019-01-17 00:28 | 2019日記 | Trackback | Comments(2)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005