2019日記【264】柿本人麻呂についての私的妄想31

692年(柿本人麻呂  推定39歳)

◾️軽皇子(かるのみこ)の安騎野遊猟


については、すでに


2019日記【039052】斉明(天智・天武)持統期の心的推移 16〜29に書いたので、今回は付け足さない。


安騎野遊猟歌は、柿本人麻呂の頂点を示すものだろう。この時、人麻呂は困難な任務に極限まで緊張を強いられていただろう。天武天皇から息子草壁皇子を通じ、孫の軽皇子(後の文武天皇)に皇位が移るべきものなのか。持統天皇の注文は厳しかった。


おそらく持統天皇の心中は、孫軽皇子に、草壁皇子同様の不安を抱き、天皇にふさわしいとは思っていない。しかし、事実上、次期天皇候補は他にいないのだ。天武天皇の直系を即位させなければならない、しかし、ほんとうに軽皇子でいいのか?


実務の中心、藤原不比等は、後継軽皇子で早く決着を付けようとしている。時代はすでに神話世界を離れ、政治の実体は藤原政府に移っているのだ。不比等は、持統天皇の決断した時の怖さを、身にしみて知っている。


不比等から見れば、人麻呂は持統天皇の影と見えただろう。おそらく、安騎野遊猟にあたって、不比等の強い圧力が人麻呂にも注がれた。後継軽皇子から逸脱するな、と。


柿本人麻呂  安騎野遊猟反歌(2019-02-09 の再掲)

◾️東(ひむがし)の野に炎(かぎろひ)の立つ見えてかへりみすれば月傾(かたぶ)きぬ


【私訳】

未明の東の野に、登りくる日の兆しが見えている。これは軽皇子(後の文武天皇)の近未来を暗示している印だが、それが如何なものなのか、わかる力がいまの私にはない。返り見ると、薄い氷盤のような月が、傾いて西の漆黒に堕ちようとしている。これは、不幸な死を甘受した草壁皇子の姿にちがいない。母の慈愛により、ふたたび新たなより賢い生を受けるだろう。


今、夜明けを迎えるこの冬の地に、いざ近江へ向かわんとした彼らの祖父であり父である「あまの ぬなはら おきの まひとの みこと」(天武天皇)の威霊が満ちてきているではないか。東の空の暁も、すめらみことが焼き放った名張の幻火だろうか。


草壁皇子がそれを手にすることがかなわず、軽皇子がそれをまだ得ていない霊だ。私に言えることは、このような、もうなく=まだない時にあって、それを知るのは詩の言葉のみに違いないということ。


【写真】湾ねこ SONY DSC-RX0  VCT-SGR1

e0022344_13145312.jpg

















トラックバックURL : https://kugayama05.exblog.jp/tb/28564907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kugayama2005 | 2019-09-22 23:14 | 2019日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005