酒器彩々94

酒器彩々94


マギ(希臘=マゴス:pl.マゴイ)について。マルコ伝による「東方の三博士」のことで、英語のマジックの語源でもある。


「東方の三博士」マギは「星(ベツレヘムの星)の導き」により「東方」より来て、将来の「ユダヤ人の王(イエス)」が生まれたのを告げる。


この話を幼稚園で聞いて、私は衝撃を受けました。今考えると、衝撃の根っこはだいたいこんな所ではないか?


1 東方の博士とかいう異人がわざわざやってきて、勝手に子ども(イエス)を探しあてる

2 東方の博士は家に押しかけてきて、黄金と没薬と乳香など不要不急なものをくれる

3(このことがヘロデ王の幼児虐殺の動機となり)直後に2歳以下の子どもがすべて殺される


マルコ伝の言いたいことは、「イエスが選ばれし者」であったということだと思うが、私・幼稚園児の気分は、「世の中には迷惑な博士がいる」ということであり、また、博士やイエスが「逃げ道を通って無事だった」ことについて義憤を感じた。つまり、博士やイエスもまとめてヘロデ王に殺されるなら納得がいったわけだ。ただし、そうなると新約聖書自体がそこで終わるわけですが。


言いたいことはそこじゃなくて、この博士(マギ)は、占星術師とも言われているが、ユダヤの地よりずっと東方にいた天文を読む職能であり、地元の王の側近補佐官だった。これらの天文と政治を結びつけることは、東方において紀元前500年ころに発達したらしい。つまり、お釈迦様の現役時代なのだ。


暑いからチョコアイス食べて酒飲んで病気になろう。

酒器彩々94_e0022344_08502158.jpg

/iPon



















by kugayama2005 | 2022-05-31 00:00 | 酒器彩々 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005