2023日記【105】境界と自由616

承前:

国造(くにのみやつこ)についての留意点は、律令制下の国造はとりあえず興味の外に置いて、律令以前の国造を考えるのがよいということ。

.

これは「将門記」の武蔵武芝(武蔵国内の足立郡の郡司)を考えてみると、おそらく彼の地位は、律令以前の「国造」に近い。国造的存在だった「足立郡の郡司」の上位に、朝廷の律令を背景としたいわゆる四等官<長官(かみ)・次官(すけ)・判官(じょう)・主典(さかん)国(地方組織)では「守(かみ)・介(すけ)・掾(じょう)・目(さかん)」の文字で表される>が上書きされ、武蔵武芝は足立郡郡司に収まっていたのだろう。

.

大宝律令は701年に制定されているので、平将門の時代には200年以上が経過している。しかし、東国まで律令的世界が波及するには相当時間がかかったはずで、将門の律令下の国司との死闘、武蔵武芝郡司の失脚を見るに、そこには律令以前の世界がまだ色濃く残っているのだ。

.

街頭に貼られた子どもの作品iPoniPon

2023日記【105】境界と自由616_e0022344_14001253.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-04-15 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005