2023日記【106】境界と自由617

承前:

「将門記」に記された武蔵武芝(武蔵国内の足立郡の郡司)について、振り返ってみたい。「将門記」の編著者は、武蔵武芝の誠実な政治姿勢を高く評価しているが、それは「将門記」をドラマチックに盛り上げるためではない。地元の郡司、律令以前の国造の姿を彷彿させる武蔵武芝は、地元民の支持を得ていた。一方、朝廷から派遣された高官は、任期中にできる限りの富を速やかに手中にして、京都に帰りたい人が多かったのも事実だろう。

.
街頭に貼られた子どもの作品iPon
2023日記【106】境界と自由617 _e0022344_13124393.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

by kugayama2005 | 2023-04-16 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005