2023日記【107】境界と自由618

承前:

「将門記」から武蔵武芝について

「武蔵武芝は武蔵国足立郡の郡司であり、三等官の判官の代理でもあったが、正しい理にかなった行政を行なっていた。一方、朝廷から派遣された国司は、道に外れたひどい政治を常々行なっていたと聞く。郡司武蔵武芝は、日々公務に精進し、人びとから称賛されて、非難する者はいなかった。武芝は(律令に明記されている地方政治の評価基準に則しても)民家を助け、地域住民や農地を増やして郡内の税収を上げるという点で、武蔵国内で称揚されていた。だから、事情があって足立郡内に納税の若干の未達や停滞が生じても、武蔵国司はあえて咎めだてをしなかったほどだ」

.

この「郡司」武蔵武芝の先祖は、「国造」として奈良時代に朝廷から任命されたという説がある。そうだとすれば、土着して長年足立郡に尽くしてきた一族が、新しく派遣された京都の貴族官僚の政治手法とは相容れなかったということになる。本居宣長は、このような土着国造が将来の戦国大名にもなったと推測している。

.

なお、郡司を称揚し、国司を批判するのは「軍記物」の定型という解説がよくある。過去に誰かエライ人がそう言ったのだろうが間違えだと思う。後の世の「軍記物」より「将門記」はずっと古く、さらに東国での朝廷支配は杜撰だった。「将門記」は東国の朝廷支配が、弱い「点と線」でしかなかった事を如実に記している。

.

街頭に貼られた子どもの作品iPon
2023日記【107】境界と自由618 _e0022344_13121390.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

by kugayama2005 | 2023-04-17 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005