2023日記【122】境界と自由633

ヒトは、思想と国家とを結びつけたいという妄想を持つようだ。それはソクラテスにはなく、プラトンにはあった。ソクラテスやお釈迦様はそれに対して黙殺的だったが、プラトンや孔子は関わろうとしたのだ。

.

この時代(紀元前400500年)というのは(古代ギリシアや古代ギリシャ中国で)くしくも口頭による陳述と、筆記による著述の交代期だったのだろうか。メソポタミアやエジプトではもっと早く(紀元前3000年頃から)文字記録が起こっており、例えば日本ではずっと遅い。

.

口述の言葉と、著述の言葉の交替は、歴史的には重要なはずだが、わかりやすい説明がない。

.

■TOKYO空の春iPon

2023日記【122】境界と自由633_e0022344_15095170.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-05-02 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005