2023日記【189】境界と自由700

2023日記【189】境界と自由700


◼️ 鳩巣(むろ きゅうそう)16581734

◼️荻生徂徠(おぎゅう そらい)16661728

◼️太宰春台(だざい しゅんだい)

16801747

.

予定にはなかった太宰春台をここに挿入する。もちろん新井白石(16571725)や伊藤仁斎(16271705)のような存在を無視するわけではないが、時代が音をたてて回転していくのだから、先を急ぐ。

.

太宰春台を入れるなら、海保青陵(17551817)も入れたくなるだろうが、青陵はもう本居宣長(17301801)の次世代人だから、後で考えてもいいと思う。山片蟠桃(17481821)、桂川甫周(17511809)はもはや「現代人」と言ってもいいだろうから、「聖王の道」も消し飛んでいくのだ。

.

今ここに太宰春台、海保青陵、山片蟠桃、桂川甫周と書いてみたけれど、幕藩政体との距離感は、新井白石、室鳩巣、荻生徂徠の時代とは全く違う。山片蟠桃に至っては(本居宣長もそうだが)純粋の商家の人なのだ。蟠桃とは大坂の両替商の「番頭」をしていたからなので、洒落ている。大坂の上田秋成が、本居宣長を松坂の田舎者とののしった気分も分からぬではない。

.

■TOKYO梅雨のあとさき/iPon

2023日記【189】境界と自由700_e0022344_14300019.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-07-08 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005