2023日記【210】境界と自由721

承前:

安芸「扱苧(こぎそ=大麻繊維)専売反対騒動(1845年)」と比較するため(地域的に近い)「美作津山藩改政一揆」(1866年)と「武一騒動」(広島県)(1871年/明治4年)について考えてみる。

.

◼️「美作津山藩改政一揆」(1866年)

 農民らが藩の御用商人や米屋を打ち壊すなどした。背景には凶作、年貢米に関する藩役人の不正、幕府の長州出兵に伴う負担増があると言われる。

◼️「武一騒動」(1871年)

 廃藩置県により新政府直属の県知事(県令)が派遣されることに農民らが不安を抱き、旧藩主の東京行きを阻止しようとしたことをきっかけに騒乱となった。その後、その動きが瀬戸内海周辺に伝わり、多くの藩での大一揆となった。

ー続く

反故紙/iPon

2023日記【210】境界と自由721 _e0022344_12520859.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-07-29 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005