2023日記【269】境界と自由780

承前:

2023日記【232】境界と自由743 で書いた「武州世直し一揆」(1866年)の一揆衆の最終目的「横浜へ乱入致し、国病の根を断つ」(埼玉県「鶴ヶ島市デジタル郷土資料」による「秩父市岡家」文書)と(1863年)渋沢栄一「横浜を焼き討ちして、外国人を片っ端から斬殺する」というのは同じだ。1866年の一揆衆はほぼ農具しか持たず、1863年の渋沢は槍刀剣を準備集合していた。もちろん双方とも未遂に終わったが、横浜の外国人が悪の根源であり何としても横浜に行って血祭りにあげたい、という。

.

季節は移る#iPon

2023日記【269】境界と自由780_e0022344_13114357.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-09-26 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005