2023日記【271】境界と自由782

承前:

4 一橋家(仕官)24

.

1 平岡円四郎という一橋家の用人のところへ、渋沢はそれまで折々出向き、時節を論じて気に入られていた。

2 平岡「貴殿(渋沢)には国家のために力を尽くすという精神がみえる。だが農民の身分ではどうしようもない。一橋家への仕官の道もあるぞ、どうだ」

.

というようなこともあった。渋沢は決起の計画があったので「一橋家の家来ということであれば、帯刀して歩いても怪しまれない。百姓風情ではそれは無理だ」と考え、平岡との縁を大切にしていた。このあたり現実家というか、考え方によってはずるいのだが、渋沢栄一の人徳もある。

.

それで、京都に出奔するにあたって身元不詳の伊勢参りでは嫌疑がかかるかもしれないと考え、平岡円四郎の自宅を訪問して「平岡の家来」にしてもらおうとする。平岡は実はすでに京都に出張して不在だったが、訳を話すと平岡の妻は「(平岡は自分の留守中に)渋沢栄一や渋沢喜作が来て、家来にしてもらいたいと願ったなら許すように」と言われていたのだった。どうも話がうますぎるきらいはある。

.

季節は移る#iPon

2023日記【271】境界と自由782_e0022344_13123209.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-09-28 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005