2023日記【272】境界と自由783

承前:

渋沢栄一は故郷を離れるにあたって、父の藍商売の金150160両を流用し、武器防具を買ってしまったことを明かし、謝罪した。

.

父「やむを得ぬこと、家計の出費としよう」「おまえは再び帰らぬかもしれないから、金を持って行け」

栄一「自活して生きたいが、当面の100両だけください」

と、栄一は父から100両をもらったが、江戸の遊興で吉原などにも行き、京都に行っても遊び暮らし、伊勢参りをしようとするころにはほとんど使い果たしていた。京都での攘夷の動きを探しても、噂話しか聞こえてこない。

.

そうしているうち渋沢らの決起を中止させた尾高長七郎(渋沢の従兄弟)が、江戸で捕縛されたという連絡が来た。渋沢栄一と喜作(従兄弟)は「江戸へ帰ろう」「長州へ行こう」などと煩悶する。 ※あれだけ冷静に攘夷中止を主張し渋沢栄一らが従った尾高長七郎が、民間人に刃を向けて捕縛されたという事件だった。

.

その夜が明けると、一応その家来になっていた平岡円四郎から「急いで来い」という手紙が来る。行くと平岡は「一橋家に(渋沢栄一について)問い合わせがきた、何か心当たりがあるか」と聞く。実は渋沢は尾高長七郎に「幕府を転覆せねば国が衰微する」というような内容を含む手紙を送り、長七郎はその手紙を懐中に持ったまま捕縛されてしまったのだ。

ー続く

.

季節は移る#iPon

2023日記【272】境界と自由783_e0022344_13124762.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-09-29 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005