2023日記【273】境界と自由784

承前:

平岡円四郎は、おおよそ渋沢らのやりそうなことは見通していたのだろう。静かに「人を殺したことはあるか」と聞く。

渋沢「けっしてありません」

平岡「それならそれでよろしい。これからどうするつもりだ」

渋沢「進退に窮しました」

平岡「そうだろう。(幕府打倒の)志を変えて一橋の家来になったらどうか」

.

渋沢栄一と喜作は一旦平岡邸を辞して話し合ったが、そうそう結論が出るわけでもないが「捕縛された尾高長七郎(渋沢の従兄弟)を救出するためにも一橋家に仕えている方が良い」という点で折り合って、平岡に斡旋を依頼することになった。

.

農民からいきなり一橋家の家臣になってしまったわけで、稀有なことではあるが、無事取り立てられた。慶喜という人物は、なかなかの達人ではある。それがさらに1866年には一橋家当主慶喜が十五代将軍に就任、渋沢ははからずも幕臣となる。あれだけ批判していた徳川幕府の家臣だとは、渋沢も思い悩み、一浪人になるべきだとも思う。

.

季節は移る#iPon

2023日記【273】境界と自由784_e0022344_13131093.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-09-30 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005