2023日記【275】境界と自由786

渋沢栄一の若かりし頃の同時代人の、その後を見てみよう。

.

◾️平岡円四郎(栄一を一橋家・幕臣に推薦した庇護者)/水戸攘夷派に暗殺される ※栄一「あまりに前途が見え過ぎて殺された」

◾️渋沢喜作(従兄弟)/彰義隊を興すも脱隊。振武軍を興すも官軍に敗退。函館に転戦したが脱隊し政府軍に投降

◾️尾高惇忠(従兄弟)/上記渋沢喜作とほぼ同じ経路で函館へ転戦するが離脱して帰郷

◾️尾高長七郎(従兄弟・惇忠の弟)/捕縛収監されていたが明治になり出獄後死去

.

函館まで転戦してもなお新政府軍は攻めて来るわけだから、皮肉なことに渋沢栄一や喜作、尾高惇忠の企図した「幕府転覆」は事実上実現しており、なぜ彼らが旧幕府を守らねばならないのかという奇妙な境地にあったと思う。

.

従兄弟たちは一貫して栄一とともに行動していたので、栄一がパリへ行かなければ渋沢栄一も同じような状況下にいただろうが、パリから帰った栄一は、渋沢喜作に「このうえはいさぎよく戦死を遂げられよ」という手紙を出した、と渋沢は言う。

.

しかしこれは一種の創作ではないだろうか。渋沢喜作も尾高惇忠も箱館戦争を離脱しており、その後、渋沢喜作は栄一の助力もあり実業界で活躍、尾高惇忠も富岡製糸場や国立第一銀行の経営に携わった。

.

季節は移る#iPon

2023日記【275】境界と自由786_e0022344_13120278.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-10-02 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005