2023日記【277】境界と自由788

◼️江戸/遊民/擾乱

.

「江戸遊民の擾乱 転換期日本の民衆文化と権力」/平野克弥 著/本橋哲也 訳/岩波書店/のなかで、著者は平賀源内の著書「風流志道軒伝」による分析をしているが、平賀源内は平賀源内として後に考えるとし、ここでは深井志道軒という人物本人にあたってみたい。

.

深井志道軒について資料を集めるのは至難であって、ここでは「狂講 深井志道軒」/斎田作楽/平凡社/2014/にほぼすべて頼る。

.

深井志道軒の前半生についてはほとんど何も知られていない。仏教寺院で修行をしていたが離脱し、流離のすえに江戸(浅草観音堂脇)で講釈を行い人気を得る。1765年(85歳?)で逝去。

.

講釈というのは例えば「太平記」などを読み、解釈を聞かせる。「太平記 くすのき死んで 閑古鳥」という川柳があり「太平記」の講釈は大人気だったが、楠木正成が湊川で敗死するとぱったり客が入らなくなるというわけだ。

.

講釈はもちろん「太平記」を読み聞かせるなどするわけだが、その間に日本や中国の古典から引用して解説したり、語り手が独自の創作を交えたりして面白くする。

.

志道軒も机の上には「徒然草」や軍記物などを開いているが、それを読むというより、どんどん脱線して猥談になり、あるいは政道批判になったかと思うとまたさっと元の話に戻る、という風らしい。

.

季節は移る#iPon

2023日記【277】境界と自由788 _e0022344_14055471.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………



by kugayama2005 | 2023-10-04 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005