2023日記【278】境界と自由789

◼️江戸/遊民/擾乱2

.

志道軒は江戸っ子ではない様子だ。志道軒に弟子入りした平賀源内も元讃岐藩に仕えていて、退職を申し出たところ、その後別の藩に就職できない「構え」の措置になってしまった。「構え」は「お構いなし」の反対で、幕藩体制から除外、排除される。

.

志道軒も寺から排除され(あるいは飛び出し)、乞食坊主になってしまった。一応、僧体風にしていたとしても、幕藩体制の士農工商穢多非人に当てはめると、どこにも当てはまらず、しかし講釈師としての収入が生まれたので、ちゃんと長屋に住んでいた。長屋の大家さんは住民の素性を当局に届け出る義務があり、大家さんは志道軒を「気狂い坊主」としたらしい。

.

季節は移る#iPon

2023日記【278】境界と自由789 _e0022344_14101965.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-10-05 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005