2023日記【279】境界と自由790

◼️江戸/遊民/擾乱3

江戸時代後期、多くの人びとが江戸に流入した。志道軒没(1765年)後、20年ほどの時期に現れた乞食芸人の記録。

.

「日本国津々浦々、島々まで、奢りという病気が流行りますによって、若き者どもは百姓を嫌い、町人がよいの、商人がよいのと奢りがついて、江戸へ江戸へと勢いよく出てきます。明暦(1655年〜)あたりから人口が増えました。農業の大義が嫌いになり、町人の世渡りを羨み、何の商売のあてもなく、ふらふらと江戸へ出て、居候となって日銭稼ぎなどをしても暮らしかね」という。

.

志道軒は寺を飛び出し、平賀源内は讃岐藩を飛び出し、江戸へやってきた。両者は決意と才気を持っていたが、農業が嫌になって江戸へ流入してきた若者と境遇は大差がない。

.

季節は移る#iPon

2023日記【279】境界と自由790_e0022344_13121937.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-10-06 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005