2023日記【287】境界と自由798

承前:

それで、とても不思議の感がするのは、

熊沢蕃山16191692

 ・陽明学

三井高利16221694

 ・商人(三井の家祖)

が、まったくの同時代人だということ。

.

三井高利は江戸で「三井越後屋呉服店」(現在の三越)を開き、「三井両替店」(後の三井銀行)を創設するなどして後の三井財閥の祖となった。

.

熊沢蕃山は岡山池田藩に仕えていた際、1649年、藩主(池田光政)に同行し江戸の藩邸に行っている。くしくも同年、三井は江戸の生活を終えて、松坂に帰郷している。ふたりが同時に江戸にいた可能性もあり、あるいは東海道ですれ違ったかもしれない。

.

ただ、三井が本格的に事業を展開するのは、兄たちが亡くなった後の50歳代からだ。その頃、熊沢蕃山は危険思想の持ち主として京都から追放され、さまよっていた。お互いに名を知る機会はなかったろう。

.

季節は移る#iPon

2023日記【287】境界と自由798_e0022344_12554447.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-10-14 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005