2023日記【288】境界と自由799

承前:

さて、熊沢蕃山と三井高利の件は後にまた触れるとして、ここは熊沢蕃山と師・中江藤樹の年譜をつくってみた。

【年譜・前半】

………………………………………………………

1619年(元和5年)熊沢蕃山=誕生/京都(現:京都市下京区)

………………………………………………………

1623年<徳川家光第3代将軍宣下>

………………………………………………………

1634年(寛永11年)熊沢蕃山=池田光政(岡山藩主:池田輝政の嫡孫)の児小姓役として出仕<15歳>

………………………………………………………

1634年(寛永11年)中江藤樹=大洲藩に辞職を願うが拒否され、脱藩し近江に戻る。郷里である小川村(現:滋賀県高島市)で私塾を開く

………………………………………………………

1637年(寛永14年)<島原の乱勃発>

………………………………………………………

1638年(寛永15年)熊沢蕃山=島原の乱に参陣することを願い出たが受け入れられず祖父の実家(近江国桐原 現:滋賀県近江八幡市)へ帰る(後に再出仕)

………………………………………………………

1642年(寛永19年)熊沢蕃山=近江小川村の中江藤樹の私塾(藤樹書院)に入門する23歳>(藤樹は伊予国大洲藩(藩主:加藤泰興)を辞職し帰郷していた。

………………………………………………………

1645年(正保2年)熊沢蕃山=再び岡山藩に出仕<26歳>

………………………………………………………

1647年(正保4年)熊沢蕃山=知行300石取りとなる<28歳>

………………………………………………………

1648年(慶安元年)中江藤樹=死去(41歳)

………………………………………………………

1649年(慶安2年)熊沢蕃山=藩主池田光政に随行し江戸に行く<30歳>

………………………………………………………

1650年(慶安3年)熊沢蕃山=鉄砲組番頭(知行3,000石)上士に累進<31歳>

………………………………………………………

1651年(慶安4年)熊沢蕃山=「花園会」(「閑谷学校」の前身)会約を起草<32歳>

………………………………………………………

1654年(承応3年)熊沢蕃山=池田藩で洪水と大飢饉が起こり救済にあたる<35歳>

年齢は単純に年号を足し上げただけなので、満年齢に近くなるが、事項の発生した月日がわからないためあくまで目安。

.

季節は移る#iPon

2023日記【288】境界と自由799_e0022344_12560398.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

















by kugayama2005 | 2023-10-15 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005