2023日記【289】境界と自由800

前記【年譜・前半】を一部修正

.

1637年(寛永14年)<島原の乱勃発>

1638年(寛永15年)熊沢蕃山=島原の乱に参陣することを願い出たが受け入れられず祖父の実家(近江国桐原 現:滋賀県近江八幡市)へ帰る(後に再出仕)

1642年(寛永19年)熊沢蕃山=近江小川村の中江藤樹の私塾(藤樹書院)に入門する18歳>(藤樹は伊予国大洲藩<藩主:加藤泰興>を強引に脱藩し帰郷していた)

.

熊沢蕃山は、藩主・池田光政の参勤交代に伴って江戸に来ていた。そこへ島原の乱が起き、池田光政にも出兵が求められて、光政は岡山に帰国した。蕃山は無断で光政の跡を追って岡山に向かい、島原参陣を願い出たのだ。その間、島原の乱は平定され、岡山藩は出兵せずに終わった。結果、蕃山は藩内に居場所を失ったのだろう、帰郷した。

.

帰郷後は弟妹を養い、食事に困り、あるいは冬場の暖房もないような貧困のうちに過ごした。1645年(正保2年)仲介する人があり、蕃山<26歳>は再び岡山藩に出仕することになる。

.

季節は移る#iPon

2023日記【289】境界と自由800_e0022344_12591417.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-10-16 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005