2023日記【295】境界と自由806

承前:

「日本の思想 17 藤原惺窩 中江藤樹 熊沢蕃山 山崎闇斎 山鹿素行 山県大弐 集」/西田太一郎編集/1970/筑摩書房 以上の別冊というか付録というかオマケに、たった16ページの印刷物(きわめてなくしやすい)がついていて、それが西田太一郎と野口武彦の対談なのだ。面白いことに、その表紙に印刷された西田太一郎氏の名前が「西田太郎」となっており、私はそれを眺めて、苦しくなった。誤植はつきものとはいえ、表紙であり編者の先生の名前であることから後年悪夢に襲われただろう。

ー続く

.

季節は移る#iPon

2023日記【295】境界と自由806_e0022344_12585879.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-10-22 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005