2023日記【298】境界と自由809

承前:

「藤岡屋日記」を書いたのは須藤由蔵という男、上野藤岡(現:群馬県藤岡市)出身の男でそれゆえ藤岡屋という露店の古書店貸本店を江戸で開くかたがた、江戸市中で起こるさまざまな事件をつぎつぎ筆記して冊子にまとめた。どうやら「藤岡屋日記」は江戸の各国藩邸も注目しており、借り出していて、逆に体験したことを情報提供する者も少なからずあったらしい。要するに江戸SNSだったわけだ。路傍のゴザに座り、素麺の箱を机にして書き続けていた。

.

季節は移る#iPon

2023日記【298】境界と自由809_e0022344_14194148.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-10-25 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005