2023日記【302】境界と自由813

承前:

京の小芝居に、東国人の訛りを茶化したりする定番があったが、江戸は全国から人がやってきているので、言葉の違いはものすごく、茶化したりする暇がなかった。言葉を誤解して刃傷沙汰になるのを恐れて、サムライ言葉が生まれた。浅草田圃で吉原言葉が生まれたのは、主に東北弁が多くて意味不明だったからだと言われている。諸侯が江戸城の周りにぎっしり詰まって日本人のサンプルが揃っているわけだから、知見も進む。さらに、参勤交代によって多くの人間が江戸に押し寄せ、居住し、江戸の遊民になった。

.

季節は移る#iPon

2023日記【302】境界と自由813_e0022344_11543111.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-10-29 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005