2023日記【307】境界と自由818

承前:

勝海舟は維新後の国政について「薩長政権でも、旧幕臣がいなければ実務はできない」旨のことを言っていたらしいが、確かにそういう面はあったにせよ、実際に実務をこなしたのは、渋沢栄一や前島密のような武士出身ではない者や、下級武士出身者だったのだろう。

.

それにしても早々に攘夷を捨てて、全力で開国に突っ走り、廃藩、版籍奉還、秩禄処分、徴兵、廃刀、ちょんまげ切断と武士を根絶やしにするような政策を矢継ぎ早に放った明治新政府の力の源泉は、どこにあったのだろう。

.

奇兵隊の反乱(1870〜)から、西南戦争(1877)、大久保利通暗殺(1878)に至る「勝利者側」の多くの犠牲を伴っていったい何が実現したのか、よくよく考えると問題は簡単ではない。

.

季節は移る#iPon

2023日記【307】境界と自由818_e0022344_14545523.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-11-04 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005