2023日記【309】境界と自由820

承前:

渋沢栄一は「大久保(利通)は今国家の柱石とも言われる人で現に大蔵省の主権者でありながら、理財の実務に熟せざるのみならず、その真理さえ了解しがたい」(「雨夜譚」)とののしっている。

.

大久保利通は渋沢の「歳入の統計ができてから個別の予算を策定すべき」との論に、にべもなく「歳入の統計が明瞭になるまでは陸海軍の経費は支給せぬというのか」と詰問した。大久保は相手に説明するだけ説明させ、「それだけですか」とか「もう一遍よくお考えになったらいいでしょう」と言うと、その案件はそこで潰れ、採用させる場合は「よし」と言って印をぽんと捺すのだそうだ。

.

季節は移る#iPon

2023日記【309】境界と自由820_e0022344_14583201.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-11-06 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005