2023日記【310】境界と自由821

承前:

聞き書きによると大久保利通は通常、(部下に対して)渋沢が口述したような具体的反論というものはしない。(藩主や西郷隆盛とは激論する)

.

昨日触れた件は、明治4年(1871)の夏のことで、大久保利通が上京し大蔵卿に就任したのは同年6月。その9月に大久保は「岩倉遣外使節」を決定、11月には横浜を出港している。帰国するのは明治6年(18735月だ。

.

つまり、新政府の舵取りが怒濤のように、厳しい日程で押し寄せてくる。さらに、明治6年(1873)征韓論、西郷隆盛の政府離脱、明治7年(1874)佐賀の乱、明治9年(1876)神風連の乱、秋月の乱、萩の乱、明治10年(1877)西南戦争、つまりかつては同志でもあった士族の反乱が起こる。

.

そういう中で大蔵省の方針が「歳入の統計が明瞭になるまでは陸海軍の経費は支給せぬ」ということでいいのか、と大久保利通は言っているわけだが、どうもこの件は渋沢栄一の記憶違いではないか。

.

季節は移る#iPon

2023日記【310】境界と自由821_e0022344_14575915.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-11-07 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005