2023日記【313】境界と自由824

承前:

明治6年(18735月、大久保利通は帰国。11月に内務省を設立、内務卿となる。大隈重信は大蔵省にいてその後大蔵卿となる。

.

大著「特命全権大使 米欧回覧実記」をまとめた久米邦武は随員として「岩倉遣外使節」に随行していたが、帰国しても家がなく、大久保利通邸の書生部屋に住まわせてもらい「親切な人であった」と述懐している。久米と(同じく使節の随員だったがやはり家がなく大久保邸に寄寓していた)畠山義成がその書生部屋で議論していると、大久保は側に来てタバコをふかしながら黙って聞いていた。

.

その久米邦武の回顧談によると、英国旅行中に大久保利通から唐突に「財務はどうする?」と言われたという。おそらく大久保利通は普仏戦争で勝利したプロイセンに学んで、帰国後「富国強兵」を実現するため、財務は大蔵省に切り離し、強力な内務省をつくる構想だったのではないか。

.

季節は移る#iPon/月と金星

2023日記【313】境界と自由824_e0022344_14054995.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-11-10 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005