2023日記【314】境界と自由825

承前:

普仏戦争でプロイセンが勝っていなければ、日本はフランス風の国家建設になったかもしれず、あるいは英国の干渉力によって英国風になっていたかもしれない。徳川慶喜の大政奉還が受け入れられていれば早期に立憲政治が実現し、慶喜上院議長が誕生したかもしれない。

.

いずれにせよ立憲政治、議会開設まではたどりつくのだから、革命と言っていい。江戸城無血開城があれば、武力の直接行使のない革命として名を残しただろう。ただし、統一国家としての日本というよりは、強固な自治思想の連合体になるはずだから、体裁は立憲君主制日本でも国際的にはあやふやになりかねない。

.

そう考えれば、後に伊藤博文が実現したように、現実の国家像を実際に構築しながら、時間をかけて憲法を合わせてつくっていく方法が最善ということになる。

.

季節は移る#iPon/月と金星

2023日記【314】境界と自由825_e0022344_14064489.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-11-11 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005