2023日記【315】境界と自由826

承前:

ところで師の吉田松陰は、伊藤博文について「才劣り、学幼し」と書いているという。しかし「僕すこぶる之を愛す」と続くのだ。ふつう武士の子なら数歳から漢文のはしくれを学ぶのだろうが、伊藤博文は農民だったから型通りの幼児教育は受けておらず「学幼し」なのだろう。おそらく現実から出発する伊藤博文の思考方法は、そのおかげではないかとも思うが、後年、博文は吉田松陰についてほとんど語っていないらしいのは、この「才劣り、学幼し」が相当悔しかったのだろうか。

.

季節は移る#iPon/月と金星

2023日記【315】境界と自由826_e0022344_14165001.jpg
………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

by kugayama2005 | 2023-11-12 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005