2023日記【323】境界と自由834

冒頭から気づく久米邦武の視点のクリアさをいくつか上げれば、生産技術に注目したこと。欧米では日本に好意的に工場見学をさせてくれたが、だんだん隠すようになってきたという。日本人の質問が的確にその技術の教えたくない機微の部分に集中するので、嫌がられたらしい。

.

また久米は、技術の習得に言語はさして必要ないという。言語をある程度知っていても、技術的な専門用語は通訳も知らない。ただ見て経験することの方が大事だと主張して伊藤博文などと対立したらしい。欧米訪問団には数十人の職人的なメンバーもいて、外国語にうといそういう連中を経費節減のために切り離そうとしたのだが、久米は反対した。

.

その後、絹製品の一大集約地リヨンに行ったら、そこに京都西陣織の職工数人がいたので、フランス側の技師長に「言葉の問題はどうしていますか?」と聞いたところ「日本の職工は優秀なので見ればすぐ理解します」ということだった。当の西陣織の職工も「言葉などはいりません」と言う。岩倉具視は「なるほど」と感心したという。

.

季節は移る#iPon

2023日記【323】境界と自由834 _e0022344_12185324.jpg

………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


by kugayama2005 | 2023-11-21 17:00 | 2023日記 | Trackback | Comments(0)

君の名前の意味を聞いたら “山のきつね” まき毛はいかんせん狐色 瞳は草の緑をうつす好奇心。


by kugayama2005